ピントの合っていてない写真

a0158797_2351581.jpg

本日は、写真を撮っている者としては恥ずかしい写真をご紹介します。

ピントの合っていない写真。冒頭の写真もそうです。一見そうは見えないでしょうが、よく見ると、特にベルを見ると合っていないのがわかると思います。
しかし、今のオートフォーカスのデジカメでは、どこかにでもピントが合わないと、シャッターが押せないようになっています。それでピントの合わない写真になるのはどうしてでしょうか?

はい、この写真は、撮ろうと思って撮ったのではなく、間違ってシャッターを押してしまったものです。元々撮るつもりでレンズを向けたわけではなかったので、しっかり構えたわけではなく、間違ってシャッターを押した瞬間に少しカメラが動いていたのです。そうです、手ブレです。

a0158797_2359718.jpg

これなんか、後方のものがひどい状態で写っていますね。この時は、寒さで手ブレをしてしまいました。

a0158797_003759.jpg

これなどは、手前側にピントが合っているからまだいいのでは、と思う方もいるかもしれませんが、遠くの風景がはっきりしない理由の一つが、微妙な手ブレなのです。
夜景は、シャッター速度を落とさないと光が充分拾えないため、被写体の明るさ(暗さ)をカメラが察知すると、カメラは自動的に適切なシャッター速度やISO感度や絞りを選択して、その設定で写そうとさせます。
ですから、当然(またそうしないと写らないというためでもありますが)暗い時はシャッター速度が落ち(つまり、シャッターが開いている時間が長くなる)、ちょっとした手ブレでも、画像に影響を与えやすくなります。

もちろん、いつも写真を撮っている人には当たり前にわかっていることですが、これからカメラを始めようと思っている方、始めたばかりの方、オートフォーカスの設定になっているのにピントが合っていないように見える画像の原因は、ほとんどが微妙な手ブレであるので気を付けましょう。

でもたまにカメラが間違って、変なところにピントを合わせてしまったりすることもあります。マニュアルフォーカスにすると本当にピンボケになってしまう可能性が大いにあります。
ですから、初心者の方は、しっかり構えて、ピントが目的の被写体に合っているかどうかを確かめてからシャッターを押すのがいいと思います。

特に、寒さと夜などの暗いところは気を付けてください(笑)




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-03-07 00:22 | その他雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/19539963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。