八戸にて

a0158797_22303927.jpg

おいらせを後にして向かったのは八戸だった。

夜、地元の方が案内してくれた居酒屋で食した「ご当地もの」の料理は大満足だった。いちご煮(ウニとアワビのお吸い物)や創作料理など充分すぎるほど堪能した。
そんな素敵なお店を紹介してくれたお礼として、私が直前にネットで調べたバーにその方をお連れした。その店に決めたのは、店内の一部の写真を見て直感でいい店だと感じたからだ。

a0158797_22455040.jpg

直感は的中した。
店に入るとすぐにそれがわかった。おそらくバーテンダーの技術を競う競技で勝ち取ったと思われるトロフィーがいくつも並んでいた。

だが、それは、もし出されたお酒がそうでもなかったら、ちょっといやらしいものに見えかねないのだが、基本中の基本のマティニを私好みの7対3で注文すると、ジンのシャープさとベルモットのまろやかさを見事に両立させた味となって私の舌を包んでくれた。

そして、この店だったら函館ではなかなかお目にかかれない「Ichiro's Malt」があるのでは、と思ったら、やはりあった。それも2種類も。初めて杉の子で「Ichiro's Malt」を飲んだ時の衝撃は大きかった。
「これが国産の味?」
素晴らしすぎた。
Ichiro's Maltの23年ものは国内最高峰の味と称されているのがよくわかる。ブラインド品評会で50万円のモルトを抑えて1位となった酒だ。飲んだ酒はそれではなかったが(というか、どこでそれが飲めるのだろうか?)、味に酔わせてもらった。

一緒にいた方も、とても満足してくれた。おかげで初めての八戸の夜を、最近にない素敵な気持ちのまま過ごすことができた。

a0158797_2322966.jpg

一夜明けてホテルをチェックアウトすると、向かい側にちょっと可愛らしい建物があるのに気付いた。
そしてホテル付近をちょっと歩いただけで、いくつもの古建築物を発見した。

a0158797_2375032.jpg

a0158797_238132.jpg

a0158797_2383942.jpg

そうか、八戸は昔商いの街だったのか。すぐにわかった。

観光名所がない街だと言われているそうだが、でも、そこに素敵な人がいて、素敵なお酒を飲めて、素敵な思い出を作れたら、素敵な街を旅したと思えるものだ。

旅は決して名所を巡る行動ではない、と私は思っている。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-09-06 23:24 | その他雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/20171865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。