プロ野球クライマックスシリーズ、その他雑記

a0158797_1139916.jpg

えー、プロ野球のクライマックスシリーズで、セ・リーグではペナントシリーズ2位の阪神が制覇に大手をかけ、パ・リーグでは3位の北海道日本ハムファイターズが勢いを増してひょっとしたら、という感じになっていますが、こうなるとと湧き上がって来るのか「クライマックスシリーズ不要論」。

不要論の大方は、1年間を通してリーグ1位なったチームが日本一の争奪戦を繰り広げるのが正論だろう、とまぁこんなかんじです。私もそう思っていました。
しかし、そもそも日本シリーズという試合は何なのか?

アメリカではプレイオフという制度がすっかり根付いており、出場チームの中で通年で最も勝率の低いチームがワールドシリーズで優勝する可能性も充分あるシステムとなっている。
そういう意味ではクライマックスシリーズでリーグ3位のチームが日本シリーズで優勝してもおかしくないし、実際にそのようなことは起きた。

こう考えてみれば納得できるはずだ。
ペナントレースは、他の競技で言うと、例えば各地で行われる〇〇水泳大会という試合であり、その結果によって世界ランキングが変動する。サッカーでも、テニスでも同じだ。
だが、それとは別に世界選手権や、サッカーではワールドカップが開催される。その大会の勝者は世界ランキング通りとは限らない。全く無名の選手やチームが優勝することもあり得る。
オリンピックだって同じはずだ。

そう考えると、プロ野球のペナントシリーズリーグ1位同士で日本シリーズを戦うということは、世界ランキングの1位と2位で試合をするのと同じような意味合いになって、世界が熱くなって観戦する世界選手権などとは全く違う試合となる。
そう、日本シリーズは世界選手権と思えばいいのだ。
その時に最も勢いがあるチームが日本シリーズという大会を制覇する。それはそれで見ている方も面白い。

普段はたいした記録が残せなくても、オリンピック予選(選考会)そして本大会に向けて自分を調整・向上させて優勝できる選手は、やはりスーパースターだ。それだけの能力を持ち、努力をした結果だろう。
プロ野球もそのように見れば面白いのではないだろうか?


さて、プロ野球の話とは別に、このブログの訪問者が40万人を突破した。4年9か月目での数字だが、ここまで続けるとは思ってもいなかったし、またご覧になっていただけるとは思ってもいなかった。
SNSで充分という人もいるが、私は「誰でも自由に世界中で見てもらえる」のはブログしかないと続けている。SNSは一見伝達力がありそうだが、その範囲はごく狭いものでしかない。
私は民主主義を支持している。だから、表現の自由という権利を利用して広く伝わる手段を採用している。もちろん、SNSの良さはあるだろうし私もそれなりに利用している。

ともかく、ここまでこのブログのページを開いていただき続けたことに感謝いたします。この訪問者数というのは、正確にはPCアクセスからの訪問者数で、スマホや携帯からの訪問者はカウントされていない。このたった何年かの時代の流れか、総アクセス数はそれほど変わっていないのにPC訪問者は減少している。
それはカウント方法の問題だから仕方ないのだが、昔50万人に訪問者が達したらブログを止めてもいいかと思っていた。

今は、止めてもいいし、続けてもいい。その時の自分の考えに従おうという感じだ。
どちらかというと一方的に発信するのがブログであるので、全ては自分次第だから。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-10-18 13:55 | その他雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/20298898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。