青森と函館、新幹線への期待の違い

青森と函館、新幹線への期待の違い_a0158797_2384445.jpg

今回の青森旅行で、また知らなかった青森の一面を見ることができた。
それをこれから何回かに亘ってお伝えしたいと思います。

まず、スーパー白鳥にペイントされているこのマーク、けっこう私は好きです。本当な函館と青森・東北を結ぶ列車に乗るということを実感させてくれる。

青森と函館、新幹線への期待の違い_a0158797_23143029.jpg

10月にもなると、8時発の列車のホームは人影が長くなっている。みなさんはどこに行くのだろうか。

青森と函館、新幹線への期待の違い_a0158797_23171068.jpg

ともかく私は新青森行の特急に乗った。

青森と函館、新幹線への期待の違い_a0158797_23192813.jpg

今年は2回目となった青森行。今回の旅の目的は津軽を走ってみることと、次の日の奥入瀬だった。

青森と函館、新幹線への期待の違い_a0158797_23205990.jpg

宿泊した弘前のホテルでテレビを見ていると、新青森~函館が60分になると新幹線関連のCMが流れた。
「函館まで60分、気楽に行ける!」そんな内容のものだったが、そのCMのスポンサーが「あおもりもてなし学校」であった。

青森と函館、新幹線への期待の違い_a0158797_23342592.jpg

東北地方から函館へのリピーター率は高い。東北だけ見ると80%を超えるのだ。それに比べ、函館が集客しようとしているのは、関東圏ではないかと言う意図のポスターがよく見られる。

何度も来てくれている「近隣」の人たちを採れだけ大事にすることができるか・・・・。一攫千金のような効果を狙うのでなく、親しんでくれている隣人を大切にすることも大切ではないだろうか。
函館の人が思っているよりもはるかに青森の方々が「近くなる」と喜んでいるように思える。そして、函館や北海道から来るであろうお客さんをおもてなししようとしている。

函館の観光客数は市内全体の経済に影響を及ぼす。でも、待っているだけではだめだと思う。自分たちも外に出かけてみなければならないのでは。
何かを得ようとするだけではなく、こちらからも与えなければ関係というものは良好にならない。

もっと函館市民は隣人に関心を持った方がいいのでは、と思った。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2015-10-08 00:24 | 函館の現状について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/21718249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。