寒気と咳の夏がまたやって来た

a0158797_12535068.jpg

函館も最高気温が20℃を超える日が続くようになりました。
普通でしたら、暖かい気候が好きな私にとっては「待ちに待った季節」と喜ぶべきことなのですが、日常的な生活(仕事を含め)では苦痛の季節がやって来たことになるのです。

その原因は言うまでもなく「エアコン」です。

エアコンから吹かれる空気は、まず喉に来ます。喉が風邪をひいた時のような痛みになり、ぐっと喉を内部で締め付けられたような鈍い苦しさを覚えます。それでもエアコンの送風が続く室内い続けますと、体全体が冷え込んできて微熱が生じ、まるで冬に寒い屋外にずっといるような体の芯からの冷え込の体験を「強制的に」させられるわけであります。

北海道はだいたい気温が20℃を超えるとエアコンをつけるような傾向にあります。
20℃でエアコン!全然つける必要のない爽やかな気温ではないでしょうか。ちょっとだけ薄着をして軽やかに散歩を楽しむことができる絶好の気温ではないかと思っています。
それがなぜかエアコンで「冷やそう」とするのが函館のみならず北海道の傾向です。そのエアコンの風に対して即座に私の体は反応します。ですから、夏になり行くところどこでもエアコンがつけられるようになると私は少し憂鬱になってしまいます。
これは私だけの体質なのかとずっと我慢して来ましたが、周りをよく見ると同じように咳をする者や、女性社員などはしっかり制服のベストとジャケットを着こんでいたり、もっとフルにエアコンが作動するようになりと女性はひざ掛けまで利用しなければならない人も出現します。

どうやら私だけではないようです。そんなに多くの人が我慢を強いられることを、なおかつクールビズに反することを、つまり地球温暖化を促進させることをみなさんやってしまうのでしょうか?今度それについてじっくり書いてみたいと思います。
たぶんタイトルは「頼むから脂肪を減らしてくれ」ということになりそうです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2017-06-20 13:55 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/237108971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。