入舟漁港の夕陽の向こうに

a0158797_23073684.jpg

家からすぐ近くなのになかなか夕陽を撮る気になれなかった入舟漁港に今日行ってみた。

a0158797_23100666.jpg

a0158797_23111208.jpg

あまりにもネットには夕陽の写真がたくさん溢れているし、比較的容易にきれいに撮れるのが夕陽だからあまり関心を持たなくなったのだが、今日はなぜか足が漁港に向かった。

a0158797_23143355.jpg

a0158797_23150881.jpg

色々な構図で撮ってみた。

a0158797_23155964.jpg

a0158797_23163064.jpg

漁港には猫もいたし、当然だけれどカモメもたくさんうろついていた。

a0158797_23180102.jpg

a0158797_23183791.jpg

この写真を撮って帰途に就いた時、向こう側から、入舟町周辺に水産加工場研修員として多く滞在している中国人女性の一人とすれ違った。少し歩いてから振り返ると、彼女は私が写真を撮った見晴らしのいい場所にいた。

そう、入舟漁港の夕陽の向こうには母国があるのだ。ずっとずっと向こうの空の下に故郷があるのかもしれない。
わかるような気がする。もしもね私がどこかの国に長期滞在したとしたら、きっと海辺に行き、ずっと続く空を眺め彼方の日本のことを思うだろう。
そんなことを思うのには、夕陽は最もふさわしい。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2017-06-28 23:37 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/237128096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。