Eテレ 「美の壺」に登場した「珈琲だけの店 ランブル」

a0158797_23591367.jpg

今日たまたまEテレにチャンネルを変えたら、突然見たことのある風景が飛び込んできた。喫茶店の中の映像だった。1分近く見ていたら、それが今年の夏銀座で立ち寄ったランブルに違いないことがわかった。

a0158797_00025338.jpg

間違いないと確信したのは、使っていたドリップとアールの形をしたカウンターであった。そして、日の店の店主さんが長年こだわって焙煎している様子も映し出されたが、その方は、(少なくとも私が店にいる間は)会計所の向かいの小部屋に引っこんで椅子に座っているだけだった。

a0158797_00071330.jpg

上の写真の珈琲豆袋が重なっている場所の手前の小部屋の中に主はいた。

ところでこの店のカウンターの中ではちょっとした面白いゲームが行われていた。入って来たお客さんが何を注文するか、従業員同士で当てあっこしているのだった。
もちろん、ゲームの時間は、お客さんが店に入って来てから注文をするまでの間の限られた時間に、初めて来た人間にはわからないような暗号めいた会話で、予想を話し合っているのだ。しかし、それも100種類近くあるメニューの中から選ぶのだが、私の場合は、見事に当たってしまった。はい、わかりやすい人間です、私は。

a0158797_00154496.jpg

きっとそのようなゲームも、人を見て、その人に最も適した珈琲は何かを考える勉強の一つなのかもしれない。

それにしても、人から「いい店ですよ」と言われて紹介してもらったお店が本当にいいものだったら、それはなぜか嬉しくなってしまう。2日後の夜、私は八戸にいる。そこでの夕食は、あるシェフから教えてもらった「ここは絶対行った方がいいですよ」というお店にしようと今から決めている。

人に勧められる(味を知っていそうな人に人)お店はやはり美味しい。わざわざさまざまなネット情報を時間をかけて調べ上げなくても、「まぁ、その人が美味しいと言っているんだから、美味しいに決まっているだろう」という信頼関係を作れたら、もあ私はその人に身を委ねる(大袈裟!)

東京・銀座8丁目の「珈琲だけの店 ランブル」もその中の一つだった。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2017-10-30 00:31 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/237931330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。