弁天町に忽然と現れた居酒屋

a0158797_22402842.jpg

先月のある日、私の記憶では、最初に認識したのは地震があった後だと思うが(実際の開店日は知りませんが)、こんなところに?という場所に居酒屋が突如として現れていた。
それは幸坂下通りの浜側、ちょうど現在閉鎖されている布目の本工場の斜め向かい側の一軒家が、ある日突然居酒屋に変身していたのだった。普通新しいお店ができる時には、内装工事の大工さんなどが出入りをして何となく「あっ、何かできるんだな」という予備知識を持つことができ、開店したら「あぁ、こういう店だったんだ」と平常心で見ることができるが、この居酒屋には(たまたま私が目撃しなかっただけかもしれませんが)そのような予兆を発見する機会もなく、そう、ある日たまたま近くの道路を通ったら突然・・・・・あっ、居酒屋がある・・・・・。

a0158797_22542188.jpg

店名は冒頭の写真を拡大してやっとわかったのだが「ポッピー」というらしい。だが、少し離れて様子を窺う程度であれば店名はわからない。しかし、場所がらインパクトは充分ある。ただでさえその周辺の住民数が少ないのに(まして居酒屋に行こうとする、元気な壮年以下の数も少ないのに)まさかこんな場所に居酒屋を構えるなんて。
これが駅前なら全然驚かない。十字街でも「おっ、できたか」というのりで見ることができる。
しかし、ここは弁天町である。まして大黒通りでもない。電車通りでもない、はっきり言って「浜」だ。

a0158797_23015755.jpg

ともかく、今の関心は美味しいのかとか料金はどうかとか、メニューの品ぞろえがどうかということではなく、どうしてこの場所を選んだのかということだ。

意外と臆病な私は、だれか一緒に行ってくれる人と巡り会う機会を探している。
それでも、ともかく・・・・弁天町に新しいお店図次々とできていくことはとても面白い(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2018-10-04 23:12 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/238791073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 弁天小僧 at 2018-11-14 23:09 x
ここは新しくできた居酒屋ではありません。この近所の明治時代後半築の上下和洋折衷建築で営業していた「西浜」という店がここに移転したのです。
Commented by jhm-in-hakodate at 2018-11-16 22:05
弁天小僧様、教えていただきありがとうございました。
そうだとは知りませんでした。