フェルメールの不思議

a0158797_23473211.jpg

年末、札幌でフェルメールとレンブラントの「リ・クリエイト」の展示会を観た。
上の写真は、私がフェルメールといえば思い起こす、「手紙を書く婦人と召使」という作品。でも、世間的には「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」の方が気に入られているようですね。

a0158797_23532819.jpg

それはそれとして、次の二つの作品では、なぜこれをフェルメールは描いたのだろうか、という疑問が拭い去れませんでした。

a0158797_23551986.jpg

「天文学者」

a0158797_23560265.jpg

「地理学者}

詳しく調べていないので、的外れなことを言うかもしれませんが、この2枚の絵、背景も登場人物もほとんど同じで、向かい合ってるものが違うだけ。



意味が分かりません。不思議です。


当時フェルメールがモデル不足だったのか。それとも、この人物は天文学者でもあり地理学者でもあったのか。



わかりません・・・・・・。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

by jhm-in-hakodate | 2019-01-11 00:02 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/239055872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。