船見町20、弁天町21

a0158797_22393966.jpg

ある年齢を超えた人々にとって、この風景は函館の原風景ではなかろうか。

a0158797_22414560.jpg

そして今は無きこの建物も、例えば小学校の同級生の誰かの自宅だったような気がしてしまうのは私だけだろうか?

この建物の中で、誰にも語り継がれることない小さな家族のドラマが、ひっそりと、しかし間違いなくあったのだろう。
いずれ私たちの小さなドラマも、建物が消えてそこに何があったのかすら忘れ去られるように、土に戻り、海の引き潮に呑み込まれて行くのだろう。
その時まで自分に何ができるか。それはまだ始まっていないのかもしれないし、もう既に終わってしまったのかもしれない。

そんな空気の微細な重さを感じながら、私は古き建物を見る。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

by jhm-in-hakodate | 2019-02-28 23:45 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/239129804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。