ランパスのランチが1000円だったら買ってみたい

a0158797_23241318.jpg

さて、今年もランチパスポートのシーズンを迎えました。このシーズン、私にとって昼食をとろうとする時、きちんと調べなければならないとても面倒くさい時期であります。その理由は昨年もお話ししましたので、何度もしつこく書くつもりはありませんが、昨年題材となったお店には、その後ほとんど行かなくなりました。

さて、ランチパスポートに色々文句ばかりつけても仕方ないので、これは面白いのではないかと思いついたのが、ランパスのランチを1000円に統一するというアイディア。ランチパスポートのHPによると、「通常700円以上するランチを、本を提示すると500円になる」というのが謳い文句であるのですが、この500円という金額によって、掲載店やメニューなどに疑問を多く持ってしまう原因を作ってしまっているのではないかと思っています。
例えば、同じような料理を通常料金で食べてしまった者からすると何となく面白くない(それが美味しい料理でしたら、ランパス買っておけばよかったと思うのですが、そうではない料理に例えば700円も支払ってしまうのは納得がいかない)、掲載店の大多数が(全部とはいいません)日常的に行ってみたいと思うような魅力的な店ではないこと、そして500円でも採算が採れるように料理を改悪しているところもある等々で、ともかくいいイメージはありません。
ランパスを利用したいという方は、どの店でもいいからともかく安くたくさんのお店に行ってみたいという、「美味しいお店を探したい」という食べ歩きのモチベーションとはちょっと違うものが動機となっていると想像されます。
余談ですが、函館に戻ってから色々な人に美味しい店はどこかと訊いて、試しに行ってみると、「美味しい」とは味のことではなく、「安くて量がたっぷり」のことを言うのだとわかるまでに1年くらいかかりました。味は料金・量の次の三番目に大切なことなのだとわかりました。しかし、実際に安くて量があるものに、美味しさを期待してはいけないものです。それをある程度バランスよく成り立たせたのがラッキーピエロですが、でも、私の歳になるとラッキーピエロのあんかけ焼きそばは注文する気になれません。もっと量が少なくてもいいから、もう少し(贅沢は言いません。もう少しでいいのです)料理の質を上げたものを食べたいというのが本音です。

結局、私は今年もランチパスポートを買うことはないでしょうし、参加しているお店を避けて昼食をとることになると思います。でも、もしランパスのランチが1000円だったら、私はちょっと興味を持つかもしれません。普段は1200円~1300円するランチを1000円で食べることができたら、それは嬉しいことでしょうし、あるいは、通常食べやすい料金として700円~800円の価格設定していた料理をグレードアップして食材をよくしたり調味料も高級なものを使用したりして、そのお店の料理のポテンシャルを表現するということでしたら、是非一度買って今まで行かなかった所にも行ってみたいと思うでしょう。

この1000円という料金、もし通常価格に戻ったとしても、同じく美味しいものを食べることができるなら、1200円~1300円になったとしても納得がいくでしょう。また、通常の700円~800円に戻ったとしても、あれより安いのだからこれくらいは仕方ないよねと納得できるでしょう。
私個人としては、1000ランチのパスポートであれば興味をそそります。でも、たぶん販売冊数は激減するでしょうね。なにしろ、ランチパスポートを利用したい方々の目的は「安く、色々なや店に行ける」のであって、本当に美味しいお店を探したいというのとは異なると思うからです。でも、もし、1000ランチが好評を得たとするなら、函館の人々の料理に対する味はもっとうるさくなるでしょう。
それは、その先の函館の食文化にもつながることになるのですが、うーん、今はまだ難しいのでしょうか。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

by jhm-in-hakodate | 2019-03-28 00:27 | 函館の現状について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/239190626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。