末広町の明治・大正時代街

a0158797_16495093.jpg
この建物の前面と裏面の道路には古建築物を再利用した洒落た店舗が並んでいる。同建物の左右にあるマンションが違ったものになっていれば、この一帯は明治・大正を舞台とした映画の撮影ができるくらいの街並が残っている。
この2棟のマンションがあるお陰で、明治・大正は垣間見る程度にまで、その印象は薄くなってしまった。

住人が少なくなると街は廃れてしまうため、その器が必要だ。だが、多数の住民を収容できるマンションはどうしても景観を壊してしまう。(マンションが欧米にある洒落たものであるのなら、まだましだが)
結局、西部地区には土地があっても、自由に建てることができる土地がないことが大きな原因だと思う。

民間の活力によって築かれた日本に誇る街並が、民間という壁によって再整備できないのが残念だ。もっとも、行政に頼っても単なる「おいしい公共事業」の対象となるばかりだろうから、やはり、「民間」の公共心に頼るしかないのである。
by jhm-in-hakodate | 2010-02-03 17:27 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/9853854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayrton_7 at 2010-02-04 11:03
お正月におもしろい番組をしていました。
それは丸亀町商店街を復活させるという話でした。
下記URLに詳細があるようです。
http://www.kame3.jp/redevelopment/
今日の写真にあるような景観にとってマイナスな開発よりも、地域をまとめて都市計画する必要があると思います。
丸亀ではすべてを民間でやったところに興味深く思いました。
Commented by ayrton_7 at 2010-02-04 14:04
jhm-in-hakodateさん
1月20日に私の記事にコメントいただきながら、気がつかなくてすみませんでした。
あの動画の街は、尾道です。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-02-04 19:19
ayrton様、尾道だったのですか。村上春樹の海岸沿いの描写と動画の風景が私の頭の中で勝手に重なってしまいました。
丸亀商店街の記事、拝見しました。危機感があれば行動に移るはずですよね。行動になかかな移らないのは、やはりどこか他人事のように街を見ている人が多いからでしょうか。
Commented by nonoaruha at 2010-03-19 18:49 x
この建物が好きです。 
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-03-19 23:23
nonoaruha様、初めまして。私もこの建物が大好きです。関根要太郎の函館現存作品の中では最高傑作だと思っています。
nonoaruha 様のフォト蔵の写真拝見しました。無音の世界の中で、眼だけがしっかりと物を捕らえたような印象的な写真ですね。私もそんな写真が撮りたい。