2013年 10月 10日 ( 1 )

a0158797_1452486.jpg

これは勝手な決めつけだが、人間40代後半以降ともなると、自分たちが営んできた社会生活の結果に対して責任をもたなければならないと思っている。
つまり、私たちがどのような社会をつくったか、あるいはつくってしまったか、それに対する反省をしなければならない世代であるということだ。

はたして、私たちは次世代やその次の世代に、「未来は希望があるぞ、頑張れ」と言って現役を去ることができる社会をつくっただろうか。

個々の問題や利益・自分の立場に囚われて、大きな流れを見失ってはいないだろうか。
このような全体的な話をした時、「それもそうだよな」と思っていただける人もそれなりにいるだろう。だが、それではあなたはどうなのですか?と、問われたら、自己反省をする人もいれば、自分は悪くない、世の中がおかしいんだ、と反論する人もいるだろう。

そうかもしれない。でもよく考えてみよう。私たち一人一人が「世の中」を構成しているのだ。だから世の中がおかしいということは自分もおかしいのだ。

a0158797_212339.jpg

そのことに気が付かないと、悪者探しだけで終わってしまう。誰かを悪者にしたら、それで万事解決。
それでは何も変わらない。次にまた別の悪者が出てきて、その繰り返しだ。

自分が幸せになりたければ、世の中を幸せにしなければならない。
私はそう思う。

それが、40代後半以降の人間に与えられた責任だと、考える。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ