2014年 09月 27日 ( 2 )

a0158797_21433115.jpg

ふと止まる 鉛筆の中から
まっさらな日記帳に落ちてゆく影

a0158797_21452235.jpg

食べかけのチョコレートから
お幸せにと落ちてゆく影

a0158797_21472176.jpg

今晩は どこへいく風
ミルキーウェイに花が
ほら

a0158797_21481958.jpg

笑ってるよ 白いワンピースの
長い髪に落ちてゆく影

a0158797_21502426.jpg

ガラスの言葉が眠ってる
遠いあの日の遠いあの街

※及川恒平・作詞



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_6511253.jpg

暮れかかった大門を歩いていると、建築中の建物を発見した。どうやら老人ホームのようだ。
大門という場所は高齢者にとって便利な場所のようだ。バス路線は集中しているし市電もある。近くに銀行もあればデパートもある。中央郵便局も近い。ちょっと歩けば市役所もある。総合的には最も便利な場所であるのは間違いないからだ。

a0158797_6563549.jpg

だが解体中の建物もあった。元キャバレー未完成だ。閉鎖されてからしばらく経っていたため驚きはしなかったが、大門の「妖しい」風景がまた変わるのかと実感させられるシーンだ。

a0158797_659453.jpg

a0158797_7067.jpg

大門には仲通りにこのような店がポツンとある。それが昔からの奥の深さであった。

a0158797_713615.jpg

仕事帰りのサラリーマンがこの先のどこかに消えて行った。賑わいはないが、いつの間にか居酒屋が増えたような気がする。静かに大門は動いている。

a0158797_744616.jpg

電車通りには赤帽子屋さんが健在ぶりを示していた。ここが無くなったら函館の「粋」も無くなるような気がする。1886年創業の老舗だ。

a0158797_76453.jpg

市電松風町電停近くにはマクドナルドの建築が進んでいた。ドライブスルーができる店舗のようだ。すぐ近くにパチンコ店もある。まるで大門が「郊外型」的場所になるかのようだ。

a0158797_7101729.jpg

広小路にはほとんど人が歩いていない。この場所に若者や恋人たちがベンチに腰かけているシーンを頻繁に見る日が来るのだろうか?

a0158797_7143716.jpg

もうひとつの立ち飲み屋の隣で若い女性が煙草を吸っていた。
大門には昔からある種の「不良」さが漂っている。だから大門なのだ。

だが、3年後大門はどのように変わっているのだろうか?それは静かな地殻変動と呼べるものになるのだろうか。それはわからない。しかし、確かに動いているのは確かだ。多くの市民が見向きもしない中、それは確実に起きていることだ。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ