2016年 10月 04日 ( 2 )

a0158797_23074289.jpg

a0158797_23082170.jpg

a0158797_23085806.jpg

a0158797_23095047.jpg

a0158797_23102626.jpg

a0158797_23105805.jpg

a0158797_23125983.jpg

a0158797_23133357.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00134405.jpg

私はもう時々旅に出なければどうしようもない人間になってしまったのかもしれない。会社の休みを使って旅に出るのは結構疲れる。20代・30代のような疲労回復力がないのだから、戻って来るとちょっとしんどい。

a0158797_00164272.jpg

しかし、ずっと函館に住んでいると、ここしか世界がないような気になってしまう。とても狭い狭い行動範囲の中で、市民がバラバラに動いてまとまりのない息苦しい街にしばらく住んでいると、違う空気を吸いに行きたくなる。

a0158797_00201233.jpg

もっともっと自分が住んでいる世界は広いのだ。そんなことを確かめに行きたくなる。函館だけではなく北海道内へ。函館だけではなく日本国内各地へ。函館だけではなく世界へ。そうすることによって、自分が育んできた価値観のバランスを取ることができるのではないか、と思う。

a0158797_00253280.jpg

どこか違う場所に旅をすると、函館が特異な場所に見えてしまう。観光客にとっては、それは函館独特の雰囲気であろうが、住人からすると「斜陽館」を読んでいるような気にさえなってくる。函館は元来、全国各地から寄せ集められた人々によって構成された街だ。本来であれば各地の風土が交じり合い、それぞれの特色が見え隠れする文化をがどこかしら残っていてもいいもののような気がするが、それは建物だけなのかもしれない。

a0158797_00360042.jpg

a0158797_00390237.jpg

古手建物が日常的な慣れた風景となってしまうと、急に息苦しさを感じる。

a0158797_00423215.jpg

だから私はまた旅に出る。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村