2017年 12月 14日 ( 2 )

a0158797_22443769.jpg

昨日一昨日、容赦なく函館に降りすすいだ雪は今日にはすっかり影を潜め、突き抜けるような好天となった。
久し振りに青空を見たような気がした。
そして、夕方近くもこんな色合いの場所が。


でもまたきっと吹雪はいつかやって来る。必ずやって来る。そしてその後、同じように今までの出来事は嘘だったかのような清々しい青空が顔を見せる。
これは誰もが生きているうち、ずっと経験しなければならないことだ。


ずっとずっと死ぬまで、人はそれを経験しなければらならない。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22402169.jpg

まだまだやり残していることがある。
それをやり切らなければ、いつまでもうじうじともがきながらただ寿命を迎えるだけになるかもしれない。
今年東京に行った時、少しだけ何かを感じた。

東京は暮らしたいとは思わない所だ。住むのはやっぱり函館がいい。
だが、求めたいものは東京にあると今年感じた。

それは何かということは今は言えない。
ひとつだけ言えるのは、先日お話しした奥入瀬が持っている自然(地球)の力とその中で感じるちっぼけな自分という位置関係で得ることができる、言葉にできないパワー。それは東京にもある。だからと言って東京の真似をしようとは思はない。東京で得たものを自分の中で消化し、自分のものにしたい。

東京にしたいと思ったのは、ほんの一部の人を除いては皆街の中のほんの一部分でしかない存在だからだ。そういう人の中で「原石」を見つけたい・
きっとまた来年東京に行くだろう。
すぐに希望が実現するかどうかはわからないが。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村