2017年 12月 20日 ( 1 )

a0158797_22503506.jpg

今日、しばらく坂の写真を撮っていなかったことを思い出し、坂を上って(自動車でしたが)かなり久しぶりに坂から見下ろした写真を撮ってみました。これは幸坂です。
そしてこの坂の上の方には旧ロシア領事館があります。

a0158797_22541767.jpg

a0158797_22545981.jpg


そして隣の姿見坂。
a0158797_22582263.jpg

a0158797_23000286.jpg


このどちらもモノクロ画像にしてしまえば、30年前の写真だよと言っても信じる人がいるかもしれない。それほど全体的には変わっていないし、変わりようがない街なのかもしれない。
そのような変わらない街で育った者が戻って来た時、変わりようがなかっただけではなく、街並を守ってきた人間もいるなのだとある時気付いた。
街を守る、とても大袈裟なことに思える。だが人口が減少しているこの地域において、まず最低限この地域の住民になることが街を守ることへ寄与することになるなるだろうと思い、今現在私はこの地域のあるところに住んでいる。

今西部地区はそういうレベルなのだ。私が函館に住んでいない時、帰省して「函館はやっぱりいいな」と思えたのは守ってきた人たちがいるから可能となったことだ。街はそんなに都合よくいつまでも見る者に何を与えるものではない。誰もいなくなれば滅びるし、誰かが自費で自宅を維持しなければ大きく姿を変える。空地の何も建たなければ、みすぼらしい空き地が永遠に居座ることになる。

私が函館に戻って来た理由の一つ、ともかく西部地区に住み続けること。
今私ができている西部地区という故郷へできる最低限の恩返しだ。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村