2018年 03月 21日 ( 1 )

a0158797_23410450.jpg

このブログで開設当初の2年間ぐらいに語っていた函館の「こうならなくてはならない」姿、つまり街並について、多く語って来た。
そしてある時からあまり話さなくなった。

その理由の一つは、あまり同じことをしつこく語っても効果がないだろうと思ったことと、言葉だけでは根本的に帰ることができないだろうとと考えたからだ。

だが、その自分の思いが「現実のこと」として行われる可能性がが出て来た
街を変えるためには二つのファクターが必要だ。ひとつはソフトの面。それは個人でもできる街に対して自分の思いを具現化していくこと。例えば西部地区でカフェなどの店舗を開業すること。
しかし、それと同時並行してハード面、つまり、街そのものの形態をを変えること。例えば30坪の土地を3つ集めて90坪の土地に何か施設なりを作ること。あるいは、現代のトレンドに合わせた住宅街を出現させること。
そのようなソフト面では補えないことも、また、ハード面では補えないことが同時に行わなければならない。

もちろん、口外できないことが山ほどあるが、今私はそのハード面に関わろうとしている。
すぐに結果が出るものではない。しかし、確実に函館市も他の団体もその方向に向かっている。

ちょうど、スロートレインがゆっくりと、でも着実に目的地に向かっているように



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村