2018年 09月 04日 ( 1 )

a0158797_20320746.jpg

私は昼食で何軒かの蕎麦屋さんの中から時々選んで行くことがある。どこに行くかはその時いる場所や気分で決めるため、たまたま行かないお店は1か月以上行かないこともある。その中で、先日久し振りにある蕎麦店に行った。店内はいつもと変わらぬ様子で、私もいつものように席に座り、予め食べようと思っていたものを注文しようとして、念のためにメニューを見たら・・・・・、あれっ、値上がりしている・・・・・それも120円も・・・・・。



一瞬違うのにしようかと戸惑いましたが、その時はもうそれと決めていたため予定通りのものを注文しました。


今、色々な物が値上がりしていますので、ある程度仕方がないのかな、と自分に言い聞かせましたが、どうも納得できないまま蕎麦を食べ終えました。120円上がっていつもと同じ味。もちろん、蕎麦屋さんでも色々なタイプのお店があります。手打ちで高級感がある蕎麦店はそれなりの料金になっても、まぁそれくらいしても当然かと思うのに対して、料金も手頃でそれなりの味があるというお店、とにかく安いのだから味には文句をつけられないお店等々。

そのお店は、価格もどちらかというと安めでそれなりの味を保っていました。ですが、一気に120円も上がるとなると、それに見合う味なのかどうかが疑問に思えてまいりました。後日気になってマイリストの違うお店に行ってみましたが、料金は変わっておりませんでした。そして先ほどのお店の新価格と同じくらいの料金で、一般的に新価格のものよりも高くてもおかしくない品目を食することができたのです。

具体的に〇〇蕎麦が120円上がったと言えば分りやすい文章となったかもしれませんが、それではお店が特定されるかもしれないのであえて面倒くさい書き方をしました。

さて、この記事の結論は、特に函館のような地方都市では、本州(特に首都圏)並みの賃金の上昇がない中、食べ物など必需品の料金が上がるのは大変厳しいものです。賃金が上がらなければ、支払う側から見ると、味に対する価値観も変わらないわけでありまして、(私の価値観として)それに見合ったものでしたら、つまりグレードアップしたものだったらまだ納得できますが、単なる値上げは単に行きづらくなったなという印象しか与えられません。
もちろん、そのお店もやむを得ず値上げしたのかもしれませんし、上がってもそのお店であれば致し方ないと思っているファンもいると思いますので、今まで話してきたことはあくまで私の所感にしか過ぎません。

ともかく、少なくとも私にとっては、そのお店が足が遠のいてしまいそうなものになったのには違いありません。せめて60円ずつ時間差で徐々に上がってくれたらのだったら気持ち的に救われたかもしれませんが。(他のあるお店がそのような理由で行きづらくなったところがあります。そこも一気に上がりました・・・・・)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村