2018年 12月 14日 ( 1 )

a0158797_23241685.jpg

今、函館を、特に市全体の大切な収入資源である西部地区の再開発事業の話し合いが行われている。
そのような会議に私も出席している。
様々な意見が聞かれるが、で、それをやるための金はどうするの?という具体的な案作りには達していない。
函館市がやるべきだとか、ファンディングで資金を集めるなどの意見もでたが、私は諸々の問題を解決して、一事業として収益を上げることができる企業の設立が必要だと訴えた。その会社がどのようなことをやるかは、後日具体的に述べたいと思うが、事業を継続的に続けるためには、税金や国からの補助金だけでは事業の幅や内容にも制限ができてしまう。それを解消するのが「株式会社Hakodate」だ。

本日はもう遅いので、具体的なプランは改めて述べることにしますが、現在、市民個々に頼ったり、税収が確実に減少する函館市に頼るのは、すなわち事業の失敗を意味する。「それだけの金があるのか?」そういう問題に直面するる
そのような危機に対応できるのが「株式会社 hakodate」にほかならない。
その目指すもののあらゆる面の提案を、時間のある時に、長文で(笑)お話ししたいと思います。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村