<   2012年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

a0158797_0512751.jpg

昨日の同窓会の続きを、今日は杉の子で行った。到着すると、昨日騒いだ仲間のうちの作曲家が来ていた。約束したわけではないが、結局集まってしまう店がここだ。
a0158797_0552560.jpg

元々約束していたのは、作家の佐藤泰志氏とだった(笑)
a0158797_0574449.jpg

そういえば、何回も杉の子に来て、カクテルの定番のマティーニを飲んでいなかったことに気付いた。そこでマティーニを注文。佐藤泰志氏と一緒にそれを呑んだ。

その後話がはずみ、色々ディープな酒を注文する。(私は基本的に成田さんお任せだったが)
a0158797_12327.jpg
a0158797_125736.jpg
a0158797_133382.jpg

そして見上げれば、私の写真が壁に飾ってあった。
a0158797_152167.jpg

まぁ、それはそれとして、佐藤泰志氏との呑む酒は進む。
a0158797_17797.jpg
a0158797_173659.jpg

そんなわけで、某新聞会社のカメラマンと堅い握手をしたり、某医科歯科大学の講師とあいさつして歯の治療費を安くしてくれだとか、相変わらず訳のわからないまま、いつものように安く美味しい酒をたらふく呑みました。
a0158797_1121096.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_11521331.jpg
場所を本町に移し、二次会が行われましたが、ここに来ると、もうみんな顔は50代でも心は完全に18歳に戻っていました。
a0158797_11554492.jpg

a0158797_11561546.jpg

a0158797_1157127.jpg

a0158797_1158102.jpg

でも、同期生と思わずに見ると、ちょっと濃い雰囲気も(笑)。そんな風に宴もたけなわになると、カラオケが始まった。
a0158797_1253690.jpg

竹内力が歌っているこの曲を作曲した本人が、ノリノリで熱唱。

そして、私はもうひとつの同窓会を行うために、二次会の途中で何人かと一緒に大門に移動。ここには、高校時代に一緒に音楽をやっていた悪友が待っていた。そして、中島みゆきとポプコン北海道代表を競って、その後ポカリスウェットのCMソングを歌った二人の、本当に久々のツーショットが実現しました。
a0158797_12145649.jpg

ここでは音楽談義に華が咲いていました。デイブ・メイソンは凄いとか、ボビー・コールドウェルが凄いとか、そういう意味でも濃い話が。

そして、同世代の方々に朗報が。この二人、60歳になったら再び私たちの前で「還暦ライブ」を行ってくれると約束してくれました。もちろんオリジナル曲で。その時は、みんなで最高の舞台を作って楽しみたいものですね。

そう、Waiting for you


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_1118556.jpg
こんな感じで同窓会は始まった。

昨日(1/2)函館市梁川町で1977年函館中部高校卒の同窓会が行われました。しばらくこのような会に顔を出していなかった(というより、行方知れずの状態だったようですが)私は、35年ぶりに会う人がほとんど。
同窓会には、約70名近くが出席。中にはこの会のためだけに函館に戻ってきた者もいたようです。

ちなみに、写真に写ってる方々の実名は出しませんが、肖像権は最初からないと思ってください(笑)。

最初は大人しく食事などをしていた面々ですが、この人のスピーチが始まった頃から、だんだん砕けたモードに入って来ました。
a0158797_11302831.jpg

それでもまだこの頃はみんな各自の席で会食を楽しんでいました。そりゃ、腹も減っているからね。
a0158797_11325244.jpg

そして、スピーチは続く。札幌支部担当と函館支部担当。
a0158797_1132273.jpg

a0158797_113496.jpg

このスピーチが終わると、だんだんみんなの理性が無くなり(笑)、あちこちに移動して立ち話が始まる。
a0158797_11362942.jpg

a0158797_1136526.jpg

a0158797_11371538.jpg

a0158797_11374448.jpg

みんな楽しそうだ。そう、この歳になると、こうやって互いの存在を確認するだけで嬉しいものだ。色々な人間の色々な生き方を受け入れることができる。みんなそうだったのではないかな?

そんな楽しい時間を、それぞれ好き勝手に過ごしているうちにお開きの時間が。
a0158797_11422045.jpg

そして、最後に記念撮影。誰だ、両手に華をやっている奴は。
a0158797_11433370.jpg

記念撮影が終わると、二次会へ。二次会では、みんなもっと高校時代に戻っていく。(続く)


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_2143397.jpg
フォトフレームの中で生きていくことになった実家の愛犬。

昨日、大晦日らしく朝近くまで起きて就寝したら、やはり起床したのは昼近くなってしまった。しばらくボーとした後、なかなか目覚めない体に刺激を与えようとシャワーを浴びている最中に、実家に遊びに来ている姪から電話が来た。実家の飼い犬が死んだとの知らせだった。電話の向こうで姪が泣いていた。

昨日も実家に立ち寄り、犬と対面したが、既に歩くことができず、首を回して周囲にいる人間を見やっていた。ほとんど何も食べることができなくなっており、背骨に筋肉は付いていなかった。人間は勝手なもので、もう長くはないなとわかっていても、そんなに急に死ぬとは思えないものだ。
きっと、寝たきり犬であっても、正月はいつものメンバーで実家で食事をしたりするのが当り前と信じて疑わなかった。

だが、現実は違った。身支度を整えて実家に行き、犬の遺体を見たら、妻とともに泣いてしまった。舌が縮まったまま大きく口を開けている遺体が、そこにあった。こんな悲惨な表情の犬ではなかった、年を取っても可愛いおばあちゃん犬だったはずだ。
私はせめて口を閉じてあげようと試みたが、死後硬直のためにそれは叶わなかった。

不思議なもので、愛しきものの遺体を見ても何も怖くはない。ずっとこのまま遺体の横にいて、ずっと暮したとしても全く怖くないだろうという気持ちになった。愛しい気持ちは変わらない。

ただ死んだだけだ。それだけだ。

犬は、何らかの事情により飼主が飼うことを放棄し、ある所に預けられていたものを、母が見るに見かねて引きとってきたものだった。犬はその恩を感じたのか、いつも母の姿を追っていた。母が外出中に私が実家を訪れると、母と勘違いした犬は玄関先にスタスタと走り寄り、私だとわかるとすぐさま家の定位置に戻る。可愛くない奴、と思っても、家族みんなから愛されていた。

実家には一時期、もう一匹の犬がいた時期がある。つまり、2匹の犬が同居していたわけだが、もう一匹の犬は癲癇持ちであった。時々癲癇で暴れてあちこち怪我をすることがあった。
ある時、両親が外出から帰ってきたら、今日死んだ犬が玄関に飛んで来たことがあったそうだ。それも体中血だらけになって。何があったのかと両親が犬の後を追うと、もう一匹の犬も血だらけになって横たわっていた。いつもの癲癇で制御不能となった相棒を必死に守ったのだろう。その際に自分にも血が付いたのだろう。母はそう話した。

愛とは、そんな単純なものだ。今日亡くなった犬も、何年か前から病気がちになり、数え切れないくらい動物病院に両親が連れて行った。新車一台買えるくらいの金を使った、と父は言った。
このことを、この犬を捨てた元飼主が知ったらどう思うだろうか?命は命だ。
犬の死に顔を見て、いずれ家族の誰かが、あるいは自分がこのようになるのだ、と改めて思った。その順番はわからない。最初が妻かもしれない。私かもしれない。それとも年の順番どおりに親かもしれない。それはわからない。だが、誰が最初となっても、「その時」を迎える準備は整えておかなければならない。それまでに後悔をしないように・・・・。

実家を出ると、妻と私は行くあてもなく、市内を車を走らせた。すぐ自宅には帰りたくなかった。
夜になっやっと自宅に戻ると、携帯電話が鳴った。高校時代の同級生からだった。半月くらい前にこちらから電話したが、通じずにいたままで終わっていた友人からだった。今、函館の実家に来ているとのことだった。彼に以前電話したのは、明日行われる同窓会に出席しないかと誘うためのものだった。ちょうどいい、急遽出席しないかと誘ってみたが、彼も長いブランクに若干の抵抗もあったのだろう、出席を拒んだ。それならと、同窓会の二次会から何名かの共通の悪友を引き連れてどこかで呑もう、ということになった。彼は、それを喜んだ。

私も同窓生と顔を合わせるのは、35年ぶりだ。ひよっとしたら、その時話して、もうこの世で話すことのない者もその中にはいるかもしれない。既に何人かの同窓生は亡くなっている。そう、後悔をしてはいけないのだ。それも「準備」のひとつだ。

今日、小さな命が消え、明日、人生の大切な思い出となるであろう面々と会う。今年の元旦は命と人生を考えさせられるものになってしまった。
明日の酒は、きっと深くなるだろう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_340856.jpg
実行寺。
a0158797_341483.jpg
東本願寺函館別院船見支院。
a0158797_343976.jpg
称名寺。
a0158797_344324.jpg
高龍寺。

灯りに照らされた寺院は、昼間とは違った美しさがある。寺院をひとつの芸術として取り上げる理由がよくわかる。
下は、寺院ではないが、自宅近くの厳島神社。
a0158797_3474283.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です