<   2013年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

a0158797_245984.jpg

私は扉や窓を撮るのが好きだ。

a0158797_2945100.jpg

誰かが扉を開けて出て来た時、誰かが窓を開けて顔を出した時、家という遮断された世界と世の中が通じる。

a0158797_2115087.jpg

a0158797_2114049.jpg

a0158797_21324.jpg

a0158797_2133829.jpg

a0158797_214138.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_104529.jpg

弁天町10番は電車通りと大黒通り、船見坂と厳島神社横の仲通に囲まれた狭い一帯だ。今ではどつく前電停が1か所で、そこで乗り降りするのだが、以前はこの10番の路上に電車が停まり、乗客を降ろしていた。

a0158797_1293723.jpg

この建物は昔寿司店だった。叔父に連れられてここでお好みを食べさせてもらった記憶がある。だが、その時は小学生くらいだったので、たまごとのり巻きを中心に食べたと記憶している。
今となってはとても惜しい気がする。

a0158797_1334481.jpg

a0158797_134057.jpg

この10番に限らず、西部地区には蔵ないし倉庫を併設している住宅が多い。ということは、函館の昔はやはり商業都市であったということだ。

a0158797_1371973.jpg

a0158797_1375942.jpg

(撮影日:2012年5月1日)



このシリーズでご紹介する建物は以下の基準で選択・掲載しています。

1.新築年は戦前以前と思われるものとします。ただし、全てを調査するのは困難ですので、基本的には建築様式などで筆者が主観的に判断しますので、実際の建築年と異なっていたとしても一切の責任は負いません。
2.外壁・屋根などが現代のものに改装されていても、建築様式が前記に当てはまると判断した建物は掲載します。ただし、外観も明らかに現代のものに改装されているものは除きます。
3.基本的には1棟1枚の写真としますが、建物の規模が大きい場合には2枚掲載する場合があります。また、長屋などはまとめて何戸かの写真を掲載する場合があります。
4.ご覧になった方に先入観を持っていただきたくないため、その建物の肩書(景観形成指定建築物、伝統的建築物、あるいは建物にまつわる物語など)は一切添付いたしません。どうかあなたの感性だけでご覧になってください。
5.写真の過度な編集は行わず、実物に近い状態の写真を掲載します。ただし、筆者の感性でモノクロにした方がいいと判断した場合は、自分に従います。
6.基本的には○○町○番を一括りとして掲載します。枝番(○号)までは掲載しませんので、気なった方は地図を片手に現地を歩いてみてください。
7.本ブログ右側にある「カテゴリー」をクリックしていただきますと、このシリーズだけをご覧になることができます。また、「タグ」ではさらに各町だけに絞ってご覧になることができます。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23453935.jpg

a0158797_23461220.jpg

何を文化と呼ぶのかはわからない。しか、私はこう定義してみる。
「通常の会話では表せない自己の表現の媒体として生まれたもの」

人との会話で自分の全てを表現できたら、おそらく絵画も音楽も小説もこの世に誕生しなかっただろう。演劇しかり、映画しかりだ。

a0158797_2354636.jpg

a0158797_2355467.jpg

そして、なぜかそのようなものに合うのが喫茶店だ。一時期、コンビニエンスで安価なコーヒーショップが街に台頭したが、人々は何か物足りなさを感じて、ゆっくりくつろげる従来の形式の喫茶店を利用するようになった。
喫茶店とはそのためのものだ。コーヒーメーカーの発達や流通の発達で自宅でも本格的な珈琲を飲むことはできるが、それでも人は外で飲む。そして、函館の場合、本格的な珈琲店を目指して開業しようとする者は、店舗を西部地区に持とうとする。
人は美味しい珈琲を自宅とは別の空間で過ごす時間の中で楽しみたい。その空間には音楽や本や絵画や写真がよく似合う。

a0158797_071777.jpg

a0158797_081187.jpg

a0158797_095915.jpg

a0158797_0105919.jpg


店舗 / 箱館元町珈琲店
画 / 小原雅夫氏(元町画廊)

※店舗にはこの絵画はありません。絵画は元町画廊にて展示中です。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22583468.jpg

弁天町9番は市電「函館どつく前」すぐ近くにある「厳島神社」がある一帯だ。と言っても、9番のほとんどが神社であり、僅かにある建物には古建築物と呼べるものはなかった。

a0158797_231172.jpg

この厳島神社は、海の守り神として崇められており、弁天台場を築造するまでは岬にあり、海を見守っていたらしい。だが、台場のために移転し現在の位置となったとされているが、ここはちょうど弁天台場の門前の神社となった。

a0158797_23213116.jpg

この写真は神社横の仲通に面している壁だが、ご覧になってわかる通り、レンガの上にモルタルを塗っている。函館は幾度もの大火を経験しており、その対策として建物そのものをレンガ造にするか、このような塀をレンガ造にしたり、うだつをレンガにしたりして延焼ないしもらい火を防いできた。
ところが年数とともに劣化すると、レンガの崩壊防止のためにモルタルで固めたのではないかと想像する。

ところで、弁天町はほとんどが浜から函館山へ向かう坂通りで区分けして何番という表示がされているが、ここだけはこの仲通で区切っている。つまり、魚見坂通りと船見坂通りの間の仲通を境に9番と10番に分かれている、ということだ。それも、長く函館の海を見守ってきた神社への配慮なのだろうか。もちろんこれは私との想像にしか過ぎない。

子供の頃、よくこの仲通を通って大黒通りへ抜けた。当時まだ賑やかさの余韻が残っていた弁天町の中でも、この通りだけはいつも静かで独特の雰囲気があった。それはやはり寺院が持つ厳かな空気のためだったのかもしれない。

(撮影日:2012年5月1日)




このシリーズでご紹介する建物は以下の基準で選択・掲載しています。

1.新築年は戦前以前と思われるものとします。ただし、全てを調査するのは困難ですので、基本的には建築様式などで筆者が主観的に判断しますので、実際の建築年と異なっていたとしても一切の責任は負いません。
2.外壁・屋根などが現代のものに改装されていても、建築様式が前記に当てはまると判断した建物は掲載します。ただし、外観も明らかに現代のものに改装されているものは除きます。
3.基本的には1棟1枚の写真としますが、建物の規模が大きい場合には2枚掲載する場合があります。また、長屋などはまとめて何戸かの写真を掲載する場合があります。
4.ご覧になった方に先入観を持っていただきたくないため、その建物の肩書(景観形成指定建築物、伝統的建築物、あるいは建物にまつわる物語など)は一切添付いたしません。どうかあなたの感性だけでご覧になってください。
5.写真の過度な編集は行わず、実物に近い状態の写真を掲載します。ただし、筆者の感性でモノクロにした方がいいと判断した場合は、自分に従います。
6.基本的には○○町○番を一括りとして掲載します。枝番(○号)までは掲載しませんので、気なった方は地図を片手に現地を歩いてみてください。
7.本ブログ右側にある「カテゴリー」をクリックしていただきますと、このシリーズだけをご覧になることができます。また、「タグ」ではさらに各町だけに絞ってご覧になることができます。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_938339.jpg

「函館古建築物地図」を始めてから建物の写真が多くなったので、たまにはその他の写真を交えてつぶやいてみる。

これは函館に限ったことではないかもしれないが、どうやら平穏に日々を暮らすためには「醒めたあきらめ」を持つことが必要だと思っている人が多いようだ。大事な核心の部分には触れずに、当たり障りのない言動をすることが生きていくコツかのように。

a0158797_959584.jpg

それで世の中が本当に順風満帆に回転するならそれでいい。わざわざ事を荒げる必要はないし、そんな「平和」の中に身を置いて享受するのもまたいいものだ。

だが、それで本当にいいのだろうか?

a0158797_101484.jpg

以前も本ブログで指摘したが、函館の夜景が「新世界三大夜景」に選出されなかったことについて、函館ではあまり話題になっていない。「長崎よりも函館の方がいいに決まっている」と思っている人が多いのかどうかはわからないが、少なくても私は、だいぶ前から危機感を持っていた。

今回の観光協会のポスターに夜景を登場させたのは、新世界三大夜景に対抗して函館の夜景を改めてアピールしようとしたのだと想像するが、だいたいこの「世界三大夜景」なるもの、元々ユニセフが世界遺産や何かとして指定したわけでも何でもないものだ。誰かがある時そう言ったから始まったものであるのだから、誰かがそれを言わなくなったら、単に「昔の名前で出ています」にしかならない頼りないものだ。

a0158797_10264988.jpg

つまり、函館のガイドをする人が、「函館の夜景は世界三大夜景のひとつと言われています」と話しても、「新世界三大夜景には入っていないんですね」と言われたらそれまでということだ。
このことにどうして函館の中で危機感を持った話題がないのか不思議で仕方ない。まるで他社で新商品が発売されても全く無関心な会社のようだ。自社の商品に改善の余地はないのか、根本的な問題はないのか。そんなことを一切議論せずに、ただ毎日の業務を従前どおりやっている会社のように思えてくる。そんな会社がいつまでも潰れずに存続できるのだろうか?

a0158797_10381675.jpg

夜景に関して言えば、それを構成する市街地形成が最も重要な要素になるのだが、市街地形成となると、話題の趣旨が別の方向に行ってしまう。市街地形成と夜景・観光・函館の産業は全て関連性があり、それらが結果的に市民の生活に及んでくるはずなのに、それぞれ別のものとして語られる。

a0158797_1046051.jpg

やはりこの街では「醒めたあきらめ」が必要なのだろうか。そして、Facebookで「いいね」をたくさんもらえるような話題提供しているのが無難なのだろうか。

私はそう思わないから「函館古建築物地図」を始めた。

a0158797_11245281.jpg

1977年頃、函館の「海」に関する産業の衰退が顕著になった。10代の少年だった私はそれを敏感に感じ、とにかく函館を離れたかった。函館と一緒に自分も沈没したくなかった。
実際、その後函館ドックが従業員の大量解雇をした。北洋漁業は風前の灯となり、大手水産会社が撤退した。それからしばらくして追い打ちをかけるように函館船網船具が倒産した。気が付けば函館には観光しかなくなっていた。

だが、それすら「醒めたあきらめ」で危うい部分が多い。
10代の時、私は函館から逃げたが、今は逃げようとは思わない。だからといって、大袈裟に言えば「集団自殺」したいとは思わない。
多くの人が魅了される函館の街並を守ってきたのも函館市民だ。だが、それを壊そうとしているのも函館市民だ。それらは全て自分を含めた函館住民や過去に住民だった人たちの責任だ。私はその責任を感じているし、その責任を少しでも果たしたいと考えている。

その第一歩となるのが「函館古建築物地図」であると信じている。自分の名誉や自己満足というのではなく、このブログが全国の方々に読んでいただけることを強く願っている。
以前、ブログランキングなどはどうでもいいと言っていたが、今は上位にランキングされることを強く願っている。夜景だけではない、また、世界三大夜景と称されていた時の街並の良さを知ってもらうためにも、全国区で上位にいてできるだけたくさんの方々に見てもらいたい。

本日、Exciteブログの「芸術・文化(ノミネート15958ブログ)」のカテゴリーで28位だった。その中の細分化したカテゴリーのひとつである「写真・カメラ(ノミネート7006ブログ)」で22位であった。
できれば双方とも10位以内に入らせていただきたいと願っている。そうすることによって少しでも多くの人々に函館の一部分を知ってもらえるのではないかと思っている。

どうか応援してください。お願いします。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22564618.jpg

弁天町8番は船見坂と魚見坂、大黒通りと壁穴通りに挟まれた一帯である。ここも7番同様弁天町の橋にあたる。ここにきて初めて三軒長屋が登場する。より庶民のにおいが強くなる。

この長屋から顔を出すのは、いつもかなり年をめしたおばあちゃんばかりだ。おじいさんは見たことがない。やはり女性の方が長生きするということなのか。

a0158797_2371874.jpg

a0158797_2375257.jpg

夏の暖かい日、長屋の前で「ババシャツ」を着たおばあちゃんが日向ぼっこをしているのを見た時、私はやはりこの弁天町が好きだ、と感じてしまう。
それはきっと私だけではないだろう。

a0158797_23104840.jpg

a0158797_23113151.jpg

弁天町に限らず、西部地区には蔵や倉庫が一般住宅の中に混在している。これは、現代の眼で見たからそう思うのだろう。明治時代、このあたりは商家や網元が多かったようだ。その名残がそこにはある。

a0158797_23143879.jpg

a0158797_2315921.jpg

a0158797_23153696.jpg

(撮影日:2012年5月1日)



このシリーズでご紹介する建物は以下の基準で選択・掲載しています。

1.新築年は戦前以前と思われるものとします。ただし、全てを調査するのは困難ですので、基本的には建築様式などで筆者が主観的に判断しますので、実際の建築年と異なっていたとしても一切の責任は負いません。
2.外壁・屋根などが現代のものに改装されていても、建築様式が前記に当てはまると判断した建物は掲載します。ただし、外観も明らかに現代のものに改装されているものは除きます。
3.基本的には1棟1枚の写真としますが、建物の規模が大きい場合には2枚掲載する場合があります。また、長屋などはまとめて何戸かの写真を掲載する場合があります。
4.ご覧になった方に先入観を持っていただきたくないため、その建物の肩書(景観形成指定建築物、伝統的建築物、あるいは建物にまつわる物語など)は一切添付いたしません。どうかあなたの感性だけでご覧になってください。
5.写真の過度な編集は行わず、実物に近い状態の写真を掲載します。ただし、筆者の感性でモノクロにした方がいいと判断した場合は、自分に従います。
6.基本的には○○町○番を一括りとして掲載します。枝番(○号)までは掲載しませんので、気なった方は地図を片手に現地を歩いてみてください。
7.本ブログ右側にある「カテゴリー」をクリックしていただきますと、このシリーズだけをご覧になることができます。また、「タグ」ではさらに各町だけに絞ってご覧になることができます。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23575523.jpg

弁天町7番は、船見坂と魚見坂、バス通りと壁穴通りに囲まれた一帯である。
弁天町は常盤坂が魚見坂までであるので、ここは弁天町の端となる。前回の6番同様、狭い面積の中に多くの古建築物がある一帯だ。

a0158797_02975.jpg

a0158797_024679.jpg

a0158797_031370.jpg

a0158797_033635.jpg

函館の素晴らしいところは、こんな一般庶民の家にでも、まるで競い合うように、独自の意匠を持とうとする、「粋」があることだ。
函館は日本でも最初の頃に珈琲が飲まれた街だ。それも、海岸で働く荷役人が、朝の仕事前に気付け薬のように気軽に飲まれていた。日本では一部の金持ちしか飲まなかった時代にだ。

そんな「粋」を感じる一般庶民の家が好きだ。

a0158797_08223.jpg

a0158797_084549.jpg

a0158797_093839.jpg

a0158797_095787.jpg

a0158797_0103589.jpg

a0158797_0111679.jpg

a0158797_0115137.jpg

(撮影日:2012年5月1日)



このシリーズでご紹介する建物は以下の基準で選択・掲載しています。

1.新築年は戦前以前と思われるものとします。ただし、全てを調査するのは困難ですので、基本的には建築様式などで筆者が主観的に判断しますので、実際の建築年と異なっていたとしても一切の責任は負いません。
2.外壁・屋根などが現代のものに改装されていても、建築様式が前記に当てはまると判断した建物は掲載します。ただし、外観も明らかに現代のものに改装されているものは除きます。
3.基本的には1棟1枚の写真としますが、建物の規模が大きい場合には2枚掲載する場合があります。また、長屋などはまとめて何戸かの写真を掲載する場合があります。
4.ご覧になった方に先入観を持っていただきたくないため、その建物の肩書(景観形成指定建築物、伝統的建築物、あるいは建物にまつわる物語など)は一切添付いたしません。どうかあなたの感性だけでご覧になってください。
5.写真の過度な編集は行わず、実物に近い状態の写真を掲載します。ただし、筆者の感性でモノクロにした方がいいと判断した場合は、自分に従います。
6.基本的には○○町○番を一括りとして掲載します。枝番(○号)までは掲載しませんので、気なった方は地図を片手に現地を歩いてみてください。
7.本ブログ右側にある「カテゴリー」をクリックしていただきますと、このシリーズだけをご覧になることができます。また、「タグ」ではさらに各町だけに絞ってご覧になることができます。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2313632.jpg

いくつになってもともだちはいい。
特にこの歳になると男女関係なく仲良く付き合えればそれだけでいいと思える。

でも、ともだちって何だろう?
本人同士がともだちだと思っていれば、とりわけ面倒くさい意味など考える必要はないのだが、問題なのはその関係性ではないかと思う。

どういうことか?
例えば、AのともだちBはとても気が利く人間で、Aの痒いところに手が届くようなことをよくしてくれたとする。AはそんなBが好きでよく一緒に遊んだりする。ところが、特別な理由があるわけでもなく、ある時にBがそのような気の利いたことをしなくなったとしよう。
するとAは、Bのことを「こいつどうなったんだ」と思うだろう。冷たくなったと思うかもしれない。Aは何もしてくれないBに関心を無くし始める。Aからすると、今のBは自分が思うBではないと思う。そして、付き合いをやめることになる場合もある。

先ほども言ったが、本人同士がともだちだと思えば、特別にともだちの定義などする必要はないのだが、私は、このような関係性の付き合いは「ともだち」だとは思えない。
AにとってBは、単なる「便利な相手」だったからだ。
ともだちであれば、どのようなBでもBはBなのだから、それを認めなければならない。また、認めることができる相手が「ともだち」であると思う。

違った言い方をしよう。自分の都合や欲とは関係なく、互いを尊重できる関係。それがともだちであると私は思っている。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_050017.jpg

この地区は、壁穴通りとバス通り、千歳坂と船見坂に挟まれた狭いところだが、前回までの4番5番の古建築物の少なさと打って変わって、ここには味わい深い建物が多くある。

a0158797_0551563.jpg

a0158797_0555168.jpg

a0158797_0561572.jpg

a0158797_056554.jpg

a0158797_0572051.jpg
a0158797_0574729.jpg

弁天町には、色々な人たちが混じり合ってできている街だ。この6番はその象徴的な一帯であるような気がする。

a0158797_2258524.jpg

(撮影日:2012年5月1日)





このシリーズでご紹介する建物は以下の基準で選択・掲載しています。

1.新築年は戦前以前と思われるものとします。ただし、全てを調査するのは困難ですので、基本的には建築様式などで筆者が主観的に判断しますので、実際の建築年と異なっていたとしても一切の責任は負いません。
2.外壁・屋根などが現代のものに改装されていても、建築様式が前記に当てはまると判断した建物は掲載します。ただし、外観も明らかに現代のものに改装されているものは除きます。
3.基本的には1棟1枚の写真としますが、建物の規模が大きい場合には2枚掲載する場合があります。また、長屋などはまとめて何戸かの写真を掲載する場合があります。
4.ご覧になった方に先入観を持っていただきたくないため、その建物の肩書(景観形成指定建築物、伝統的建築物、あるいは建物にまつわる物語など)は一切添付いたしません。どうかあなたの感性だけでご覧になってください。
5.写真の過度な編集は行わず、実物に近い状態の写真を掲載します。ただし、筆者の感性でモノクロにした方がいいと判断した場合は、自分に従います。
6.基本的には○○町○番を一括りとして掲載します。枝番(○号)までは掲載しませんので、気なった方は地図を片手に現地を歩いてみてください。
7.本ブログ右側にある「カテゴリー」をクリックしていただきますと、このシリーズだけをご覧になることができます。また、「タグ」ではさらに各町だけに絞ってご覧になることができます。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_023873.jpg

昨日、高校の同期生たちが集まり、大カラオケ大会をやりました。
みんなもう子供も大きくなり、いいおじさんおばさんの歳なのですが、マイクを握ったらそれぞれが歌手になりきり(?)、でも、懐メロになったら合唱して、よせばいいのに心だけは10代に戻っていました。(かくいう私もその通りですが)

a0158797_0201088.jpg

熱唱腰痛ポーズ!

a0158797_0205665.jpg

ヘッドライト唱法!

a0158797_0234621.jpg

アイドル振付!

a0158797_0262030.jpg

a0158797_0275868.jpg

a0158797_0283129.jpg

a0158797_02952.jpg

どうして密会かって?そりゃぁ、こそこそやらなければ恥ずかしいでしょう(笑)
誰とは言いませんが、中には気楽に「毛が無い」とふざけても、もし仕事で会ったら、とてもそんな冗談が言えない立場にいる人もおりますが、そこが同期生のいいところ。ここでは単なる同期生。それぞれが好き勝手なことを言い合い、楽しみました。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ