<   2018年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0158797_22485720.jpg

<
a0158797_23252444.jpg
br>
春は別れの季節ですね。仕事の関係で函館を去る方々もたくさんいらっしゃいます。
私は、ひょっとしたらもう会えないかもしれなくても「またね」と言って別れるようにしています。

a0158797_23282863.jpg

なぜなら、会おうと思えば、人というのはその機会をいつしか作るように自然に動くものですから(笑)
だから私は、死以外の永遠の別れはないと思っています。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22033922.jpg

ここ連日、森友学園の財務局の決裁書改ざん事件に関してのニュースが大々的に報じられていますが、どうも焦点を当てているのが買い残が事実か、政治家が関与しているのかという点ばかりで、それはそれで追及としては大切なことなのですが、なぜ、ある時突然財務省化書き換え前の文書を公表すると、今までの態度を一変したのか気付いていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん最初は朝日新聞のスクープによって書き換え前の文書があったという報道がなされたことが事の始まりだったのですが、それでも財務省や与党は色々な理由をつけてそれを認める方向の答弁を決してしていなかった。ところが、あるささやかな、スクープというほどのものでもない報道(一言)から事態が豹変したのでした。

それは、財務省が決して公開のこの字も口にしなかったが突然公開すると発表した何日前かの小さなニュース。それまで財務省は、文書は全て検察が押収しており確認できないというお決まりの答弁を繰り返していた時、大阪地検が、「ある程度捜査が進んだので、文書をお返ししてもいいですよ」とのコメントをしたのだ。
この一言で、事態は大きく変わった。返却された文書をまた隠して発表しなかったとしても、いずれ裁判で明らかになる。実際に改ざん前の文書は実在していたのだから、公表しないと、「文書は地検にある」という言い訳もできなくなる。地検からすると、ちゃんと返却したのだから、それを公表したらどうですか?ということを言いたかったのだろう。

財務局にはもう逃げ道は無くなってしまったのだ。時間稼ぎもできなくなってしまった。そこで、(想像では、もちろん財務省と政府が協議し)文書を公表することにし、その落としどころとして、佐川長官の首を差し出した。政府としても全ては官僚がやったこと、政治家・政府は関与していないという方向に無理矢理話を進めざるを得なくなってしまった、というのが本日までの流れだろうと私は推測している。

もともと、公務員の人事に必要以上に口出しし、自分の都合のいい人物を昇進させる安倍体制に少なからずとも、役人側にも反感を持っていた人々がいたという。例えば、財務局局長であった佐川氏が知らぬ存ぜずで答弁を押し通したのちに待っていたのは、国税庁長官というポストであった。
「よく難局を突破してくれた」ということに対する「ご褒美」なのだろう。

その立役者に全責任を押し付けて、辞職させ、自分たちの保身を図ろうという政府の姿勢に、不信感を持つ国民は数多いだろう。
さて、それでも佐川氏は証人喚問で、黙秘や「記憶にございません」と明確な答弁をすることを拒むのだろうか。退職金5000万円をもらえたお礼として。または、今後の自分の立場を「悪いようにしないから」という約束をもらった忠誠心からか(これは想像)。
それとも、自分だけに責任を押し付け、保身を図ろうとしている政府への報復として真実を話すのだろうか。

その結果は想像もできないが、ともかく、この問題が大きく動いたのは大阪地検の「文書を返してもいいですよ」というささやかな一言からだったのを私はしっかりと覚えている。ちなみに、朝日新聞に情報提供をしたのも大阪地検の一職員ではないかと推測されているが、まぁ、「驕れるもの久しからず」といいますか、事態を大きく動かすには強烈な発言は必要ないのです。タイミングを見て、ボソッと一言話すだけで充分なのです。

私も、ボソッと一言つぶやいていることが多いのですが・・・・・・(笑)




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23402095.jpg

38年前、私はある仮説を立てた。

それは「細胞は意思によって変わる」というものだった。

その当時私は科学を研究していたわけではない。勉強していたのは精神分析であった。しかし、突き詰めて考えていくと、そのような仮説に至った。
その理由というものは素朴な疑問からだった。人間というものはどうして文字というものを発明し、衣服とというものを発明し、家屋というものを発明し、仕事というものを発明し、現代で言う人間社会を作るようになったか、というような疑問を持ったからであった。

人は文明というものを創作し(あるいは創作せざるを得なくなったのか)、今の姿で社会を作り、人間という動物としてひ弱な生命を維持し、世界で最も主導権を持ち、また、厄介な存在になったのか。

色々調べてみると、ダーウィンの進化論には相当な無理があるという疑問を持った。その生物がある環境の中で適応していくために「姿や機能」を変えて行った。そしてされはまるで突然変異てぜ行われたかのような説明が当時あった。
「突然変異」これほど科学者にとって逃げ道になる言葉はない。原因が究明できなくなったら「突然変異」で生物が変わったと説明できれば事足りるのだから。もちろん、その当時の理論ではそれ以上の説明ができなかったのかもしれないが、私には到底納得できるものではなかった。
なぜなら、一定の環境の下でその環境に適応するために体が変化するのであれば、その一帯の生物はみんな同じ形をしていなければつじつまが合わないからだ。
深海の水圧が高い海底で生き延びるためには、全てアンコウのような形になっていなければつじつまが合わない。
矛盾がかなりある。

その矛盾を解決する仮説が、「細胞は意思によって変わる」であった。
例えば魚類では、あるものは自らの身を守るために海底の砂と視界的に同化して他の生物に気付かれないようなして、じっと食料となる魚を待つという方法を選択して生き延びようとした。細胞の意思の中で。そのような選択を行い、その医師に適した姿となった。
あるものは見つかて戦いになったら相手を殺すような毒を持つことが最も自らを守ることができる、だから相手を殺せる毒を体外に出そう、という体のシステムをもとうとした。またあるものは、どうせ体長は小さいのだから、大きな魚と共存共栄できるように寄生して生きる道を選んだものもあるだろう。

 例を挙げればかなりの長文となってしまうが、人間のましてとても身近な日本人を例えて言うと、日本人の脚の長さは、世代が新しくなるほど長くなる。それを、食生活の変化によるものだという説を唱える方がいますが、そのような根拠であれば、同じものを食べた人間は全て脚が長くならなければ矛盾する。ちっとも科学的ではない。
 これを私の仮説では、明治維新以降、外国人と多く接するようになった日本人の中に、「あんなかっこいい長い脚になけれたら」という願望が無意識の中で芽生えて、残念ながら本人はもう無理だが、その願望の情報は細胞にしっかりインプットされ、新しい命が母親の胎内で形成されている途中にその願望の意識が細胞を通して伝達され、その細胞情報が細胞分裂して人間の体を形成する際の「こんな体にならなければならない」というメッセージを与えているのではないか。
だから、食べ物が原因ではなく、「私も長い脚を持った人間になりたい」という意思情報を無意識のうちに植え込んだ細胞から新たに誕生する命に伝達するのではないだろうか。

というのが私の仮説であった。
だが、私は化学者志望でもなかったし、もちろん実験もしなかったし、あくまで精神分析を勉強したうえでの、「疑問を明快に説明できる理論」はこれしかないと考えたのでした。この仮説を当時何人かに話してみたが、理解や興味を持ってくれたのはごくわずかの人で、ほとんどは進化論よりの考え方であった。
もちろん、仮に私の仮説が正しかったとしても、当時の私には何のメリットもなかったし、お金が入って来るわけでもなかったし、私は個人的な妄想なのだろうとずっと思って、この話題すらしなくなってしまった。

しかし、わずか40年弱ではあるが、化学はよりコアな部分に達し、細胞はメッセージを送っているというips細胞の存在が明らかになると、なるほど、私の仮説もあながち全く別の方向をむいたものではなかったのだという、変な自信を持つこととなった。
意思も重要なメッセージのひとつだ。そのメッセージが細胞を通じて次の世代に伝わる。これは何も矛盾することではない。

つまり、私が38年前に立てた仮説は私には全く何の利益を及ぼすことがなく、たぶん立証されることになるだろう、という将来を予見している。
まぁ、その時代にインターネットがあって私がブログをやっていたら、きっとその話もしていたと思うけど、結果が出てからこのような話をしてしまっても、またまた、単なるつぶやき以下の話にしかなりませんが。
まっ、そんなことより、写真集刊行の段取りを進めなければ・・・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23410450.jpg

このブログで開設当初の2年間ぐらいに語っていた函館の「こうならなくてはならない」姿、つまり街並について、多く語って来た。
そしてある時からあまり話さなくなった。

その理由の一つは、あまり同じことをしつこく語っても効果がないだろうと思ったことと、言葉だけでは根本的に帰ることができないだろうとと考えたからだ。

だが、その自分の思いが「現実のこと」として行われる可能性がが出て来た
街を変えるためには二つのファクターが必要だ。ひとつはソフトの面。それは個人でもできる街に対して自分の思いを具現化していくこと。例えば西部地区でカフェなどの店舗を開業すること。
しかし、それと同時並行してハード面、つまり、街そのものの形態をを変えること。例えば30坪の土地を3つ集めて90坪の土地に何か施設なりを作ること。あるいは、現代のトレンドに合わせた住宅街を出現させること。
そのようなソフト面では補えないことも、また、ハード面では補えないことが同時に行わなければならない。

もちろん、口外できないことが山ほどあるが、今私はそのハード面に関わろうとしている。
すぐに結果が出るものではない。しかし、確実に函館市も他の団体もその方向に向かっている。

ちょうど、スロートレインがゆっくりと、でも着実に目的地に向かっているように



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22321763.jpg

仕事が休みだった本日、ちょっとした素朴な疑問を持ち、ネットでミシュランのホテルの格付けを調べてみた。今まで泊まったホテルにミシュランの星が付いているのだろうかどうかと。
すると面白い結果が出て来たのです。

普段私が札幌に行った時に泊まるホテルには三ツ星が付いていたのです。
少し驚きました。えっ、あのホテルが?別にそのホテルが酷いとサービスが悪いとかという訳では決してなく、もちろん私は快適に泊まらせてもらっているのですが、いわゆる「高級」という訳ではなく、気軽に泊まれるホテルの中ではハイクラスの部類に入るという程度のものです。(ちょっと誤解を招く表現かもしれませんが)

しかし、昨年泊まった東京のホテルは普段札幌で泊まっているホテルより室料が高いにもかかわらず、星は二つでした。でも、実際に泊まった個人的な感想としては東京の二ツ星のホテルの方が、洗練されていて、邪魔にならないほど良いサービスの質が高かったに思えます。例えば、フロントやロビーのデザインひとつにしても、客室に滞在した時に視界に入って来る風景・室内のデザインなども東京の二ツ星の方がはるかに洗練されていたのです。

では、なぜそんなことが起こるのかと私なりに考えてみたのですが、その地方の五ツ星のレベルが違うからなのではないかとの推測ができた次第であります。
例えば、北海道で五ツ星ホテルはご存知のウィンザーホテルであり、これは誰しも納得するでしょう。しかし、五ツ星ホテルはこれだけなのです。
このウィンザーホテルを基準に四ツ星、三ツ星と「順番に比較して」格付けしていくから恐らく東京では星の付かないホテルまで星が与えられてしまうのではないかと考えました。

参考までに4月10日、ツインで50㎡以上のお部屋で朝食付き、1人利用で、東京の五ツ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン」と「ウィンザーホテルの室料を比較してみたが、リッツが約12万円だったのに対して、ウィンザーは約6万円だった。これだけでも、五ツ星の基準が違うことがよくわかると思ううし、それを基準として札幌の私がよく泊まるホテルが三ツ星であるということがお分かりになるでしょう。

ちなみにをミシュランの本場フランスでは三ツ星レストランがその位置を維持ではなくなるかもしれないという噂が流れたことによってシェフが自殺したいということがあった。また、三ツ星を返上したレストランもあった。それほど本国では厳格にに格付けがなされているのだ。それに比べると東京は審査が緩いと言われているし、札幌はより緩いと言わざるを得ないでしょう。

普段私がホテルを選ぶときは、もちろん室料の他にアクセス、客室やホテルのデザイン、想像されるサービスなどを総合して選んでいます。ですが、それは私なりの基準で選んであることで、ミシュランを参考にすることは全くありません。格付けよりも自分に心地良い・満足を与えてくれそうなホテルが一番なのですから(笑)





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00171287.jpg

先日ヒシイでマスターに勧められて飲んだのが写真の「KAVALAN」
いつもウイスキーが好きでいろいろ飲んでいるのですが、たいていロックで飲むことが多いのです。理由はいたって簡単で、ストレートで飲むと一気に酔いが全身を駆け巡り、次に何も飲めなくなってしまうからです。特にしたたま飲んで最後にストレートを飲むと、約5分後には、「早くベッドで寝たい」という切実な体になってしまいます。

以前その日の最後のお酒として、1杯3000円する貴重なウィスキーをストレートで飲もうとしたのですが、半分だけ飲んでもう天国に行ってしまいました。
そのような経験から、この日は最初にマスターお奨めのウィスキーをストレートで。ちびっと呑んでみると、これが美味い。そして強烈なアルコールの攻撃がなく、ちょっとだけチェイサーの力を借りて、それはもう滑らかな味を堪能できました。

それにしても、次々と色々な国から美味しいウィスキーができますね。
北海道の「厚岸」も楽しみですね。どのように熟成させるのか。アイランド系になるということですが、濃厚な締まった味になるのかな?
今から楽しみです。

ちなみにこの度私が飲んだのは、エクスバーボンオークというバーボンを作った樽で醸造されたもので、道理で美味しい甘さが引き立っていたのですね。
いやー、ウイスキーの世界はとてつもなく深い。だからまたお店に行くと飲んだことのないものを注文してしまうのです・・・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00003353.jpg

自宅から比較的近い場所に、以前開店しそうだという記事を書いた「BENTEN CAFA&DINIG」というお店にランチを食べに行ってまいりました。
以前より気になっていた古民家を利用しての料理店だったので、地元民としては一度訪れてみたいと思っていました。
たまたま本日行けそうだったので、このお店の料理を食してみました。

a0158797_00132584.jpg

a0158797_00141005.jpg

1階の店内はこんな感じの土間と他に奥座敷があります。その他にも二階にも客席があるようですが、私は行っていないため詳しくはわかりませんでした。

a0158797_00164239.jpg

a0158797_00172756.jpg

ランチメニューと私が注文した「フルーツポークシチューデミグラス仕立て」
ポークシチューはボルュームがあり、そのポーク肉量に、全部食べることができるのかと心配しましたが、肉が柔らかく食べやすかったために結局全部平らげてしまいました。シチュー以外でのものでちょっと残念なものもありましたが、しっかり昼食をとりたいという方には、古民家の中で落ち着いて食べることができて、ゆっくりランチを楽しめるということではいいのかもしれませんね。

a0158797_00290694.jpg

a0158797_00310441.jpg

店内の仕様は外観同様基本的には「和」です。

a0158797_00331836.jpg

さて、このお店にはどんなお客様が来るようになるのでしょうか?
私も時々顔を出してお店が落ち着くまでの過程を拝見させていただきたいと思っております。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_17434285.jpg

a0158797_17441667.jpg

a0158797_17450484.jpg

a0158797_17453967.jpg

久し振りに静かな時と体に優しい食事を体験したような気になりました。
行こう行こうと思いながら今日やっと入りました。今度はゆっくり本を読もう。

a0158797_17481543.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22221627.jpg

2016年9月7日、私は被災地を巡った。しかし、後悔ばかりが残った。自分が立てたスケジュールはあまりにも安易であった。車でひと通り訪れるという旅程は、政治家の形式的な訪問よりも粗末な訪問であった。

a0158797_22263483.jpg

私は目に入ったものを、ただ写真におさめた。もちろん私にはそれくらいしかできなかった。それ以上の何が自分にできただろうか?
奇跡の一本松に観光バスで訪れる観光客と何一つ変わらない存在であった。いや、それ以上の存在になりえるわけがないのは最初からわかっていたはずだ。

a0158797_22300682.jpg

被災地を巡った後、誰かに何かを話そうとしても何も話せなかった。何を話したらいいのだ?何もわかっていない人間が話すべきことなどない。
だから、このブログでもしばらくは写真すら出すことができなかった。

a0158797_22362696.jpg

陸前高田には何もなかった。何もないものを撮影することがこれほど困惑するとは思ってもいなかった。元々何もなかったのか、何かが無くなってしまったのか、それすらわからなかった。

a0158797_23061887.jpg

しばらく自分にも重たい気持ちが支配した。なんて馬鹿なことを考えて行ったのだろうか?
自分の愚かさを恨んだ。

a0158797_23105709.jpg

だからこそもう一度行きたかった。そして昨年年末に再び訪れてみた。
仙台に着いた日の夜、地元の人たち何人かと話した。その中には、震災被害の後片付けが終わってから両親が離婚したという人がいた。「どうして?」と訊きたかったが言葉が出なかった。岩手県で被災し、仕事を求めて仙台に移住した人もいた。その人は言った。「仙台は真っ先に復興したけれど、地方はかなり後回しにされている」

a0158797_23412558.jpg

その次の日、私は海岸沿いを北上した。だが、今度は写真を撮る気すらなくなっていた。
深く傷ついているのは津波に流された街や人だけではなかった。生き残った人たちにも推し量れないだけのキズを負っていたのだった。
それは決して写真におさめることはできるものではない。

a0158797_23464956.jpg

たぶんまたいつか被災地にはまた行くだろう。
でもその度に人々の心の底を摑めない自分に疑問を抱き、写真を撮ることができるかどうか、今はまだわからない。
ただ、私は日本人の責務として行くべきだという自分の考えに基づいて、3度目の訪問をすることになるだろう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22150392.jpg

a0158797_22154150.jpg

a0158797_22161577.jpg

a0158797_22165182.jpg

a0158797_22172798.jpg

a0158797_22180376.jpg

a0158797_22183577.jpg

a0158797_22190771.jpg

a0158797_22194556.jpg

a0158797_22201944.jpg

a0158797_22212773.jpg

a0158797_22220788.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村