<   2018年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

a0158797_22074652.jpg

時々お話ししていた写真集のプロジェクトは少し時間がかかりながらも進んでいます。
現在、Readyforというクラウドファンディングと手続きを進めており、たぶん7月中旬にはその詳細をお知らせできるのではないかと思っています。

函館が好きな方、特に、少し嫌いだけれどやっぱり函館が好きだという方には是非ご覧になっていただきたいものになるのではないかと考えております。
クラウドファンディング、購入型のプロジェクト資金調達方式をとります。資金提供をしていただくと、リターンとして写真集をお届けするのですが、その他にも、とても素敵なものを現在ご用意するべく関係者と協議中であります。

函館圏内にお住みの方も、市外にお住みの方にも、関心を持っていただけるものではないかと思っています。

最近は、そのための写真の整理などなど作業を地味に進めています。
発表した時は、このブログ他で大宣伝いたしますので(宣伝というよりお願いになると思います。目標額に達しないと1円も受け取れないものですから・・・)、何卒よろしくお願いいたします。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22443514.jpg

先日、あるバーでグレントファースを飲んだ。
実はこれ、お任せでお奨めで選んでもらった2本の内の1本だ。
選ばれたもう1本は、モートラックだった。

a0158797_22504892.jpg

こんな風に、さも知っているかのように話し始めたが、両方とも全く知らないシングルモルトだった。自宅でネット検索して初めて知るお酒だ。
そもそも、シングルモルトだけでも夥しい数のものが出ているのに、その中の1種類など私には知る由もない。どんなに色々飲んでも、まだまだ知らないお酒が次々と目の前に現れてくる。だから、私は永遠に初心者だと思っている。
初心者はカッコつけずにプロに任せておけばいい。私はいつもそう考えている。だからこの日も「お任せ」で選んでもらった。

a0158797_22583768.jpg

しかし、この店に来る時、だいたい私はけっこう酔っていることが多い。だから何杯も飲むことはできない。
だから、「お任せ」を最初に飲むようにするようになった。この日も結局モートラックは飲めなかった。次回の楽しみにすることにした。

で、味は?

もちろん美味しくいただきました。ところで、何でGLENTAUCHERSをグレントファースと読むのだろうか?Coorsをクワーズと読むのと同じくらい不思議だ。

で、このお店は、というと、ここです(笑)

a0158797_23113812.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22081070.jpg

a0158797_22083897.jpg

a0158797_22085880.jpg

a0158797_22091698.jpg

人って

いいですね



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22080382.jpg

a0158797_22090439.jpg

a0158797_22092236.jpg

a0158797_22094387.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22234791.jpg

平成は震災の時代だった。まだ平成が終わったわけではないが、もういい勘弁してくれと言いたくなるほど、私たち日本人は目を覆いたくなるような悲惨な光景を目の当たりにされてきた。

平成の震災による悲劇は北海道南西沖地震から始まった。
それは平成5年7月12日午後10時17分、私はちょうど仕事から遅く帰り函館駅前付近を走っている時だった。突然車のハンドルが左側にぐいぐいと引っ張られた。右側に何度ハンドルを切ってもそれ以上の力で車は左側に吸い込まれるように向って行った。最初はタイヤがパンクしたのだと思った。やれやれ、ともかく減速し様子を見ようとした時に何気なく街路灯を見たら大きく揺れていた。それでやっとこの異常な車の状態が自身の揺れによるものだと判断した。
そこで私は駅前の高層ビルの前を静かに通り過ぎ、建物が倒壊しても車まで被害が及ばないだろうと思われる2階建ての建物の前で一時停止し、地震の様子を窺った。
少しして完全に揺れが止まったのを確認して車を発進させた。25年も前のことだが、その時の恐怖は鮮明に覚えている。
幸いに自宅には大きな被害はなく胸を撫で下ろし、通常通り眠りについた。しかし、翌日震源地に近い奥尻島の被害の状況をニュースで知ると、理解することのできない出来事が起こっていたことがわかった。津波や火災で小さな島の中で多数の人々が亡くなってしまっていたのだった。

結局この地震での死者は202名だったそうだ。津波は10メートルの高さまで達したようで、これが都市部であったら被害者はもっと増大していたのだろうと思った。

それからたったの2年後の平成7年1月17日、あの阪神・淡路大震災が起きた。翌朝のニュースではとてつもない大きな地震が発生したことがわかった。未曾有の規模の被害だった。まるで地獄絵図のようだった。

そのボロボロになった市街地がやっと落ち着きを取り戻した頃の平成16年10月23日、新潟県中越地震が発生した。その何年か前に、私は新潟県に住んでいたため、気が気ではなかった。知人に電話し無事を確認したり、現地の情報が知りたくてたまらなかった。
ひの中で、私が仕事で度々通っていた道路で崖崩れが起き、親子3人の内2名が死亡、無小さな子供だけが偶然できた空間の中で生きて救助されたことは記憶に新しい。そこは、もし私がそのまま新潟にいたら、ひょっとしてたまたま通り、私が被害を受けていたかもしれない場所だった。本当にこれは運命というしかない。

そして平成23年3月11日

我々の想像や仮定をはるかに上回る規模の津波が発生した東日本大震災。死者数や行方不明者数などは記さない。それは現地を見て人間として受ける感覚で推し測った方がいいだろう。ともかくつなみによって「何も無くなった」それが全てだ。

まだまだ追い打ちをかけるかのように、平成28年4月14日、熊本地震が発生。


そして今日大阪で。

考えないようにと思ってもついつい、「次はどこだ?」と余計な憶測と、繰り返される惨状の記憶。
もういい加減にしてほしい。私たちが生きている間に、地震だけでこんなにつらい思いをさせられるなんて。

ともかく、今は、今日の地震で命を落とした方たちのご冥福を祈るしかない。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22524701.jpg

a0158797_22590562.jpg

a0158797_22593773.jpg

a0158797_23001414.jpg

a0158797_23004205.jpg

a0158797_23011010.jpg

a0158797_23014008.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23575562.jpg

なぜかと申しますと、フィルムカメラにデジタル画像を近づけようとする姿勢が見えてくるからです。
デジタル~始めたSONYは何度もチャレンジしましたが、どうもしっくりきません。

a0158797_00002349.jpg

そんなことで、私は今、5D4とLeica 104とPowershotGX1markⅡを持っているのですが、最近FUJI FILMもいいかなと思っています。

a0158797_00035170.jpg

まぁ、結局は好みの問題なのですが、モノクロで撮った時の質感が違うような。

あーあ、いつまでこんなことをやっているのか(笑)


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22433119.jpg

あまり知られていないことですが、江戸時代から現在まで、函館において(旧亀田村は除く。江戸時代は市街地が全く離れていた。現代で言うと函館市と大沼ぐらい離れた感覚ではないかと想像する)その町名が残っているのは弁天町と大町だけなのです。

どうしてそうなったのかという経緯はわかりませんが、弁天町は江戸から明治に変わっても函館の中心部の役目を持ち、人口が密集する函館でも重要な「街」であった。
a0158797_23233622.jpg

しかし、市電が整備され、市街地が人口増加と共に広がって行くと、賑やかだった弁天町も次第に隙間風を感じるようになった。
私が高校生時代だった昭和50年代初め、太宰治の「斜陽」のような空気が弁天町に漂い始めた。

a0158797_23391803.jpg

函館ドックの仕事終わりに労働者たちがビールを飲んで食べていたホルモン焼き店がいつも間にか閉店していた。市電ドック前にあった食堂が閉鎖され、ドックの従業員は大幅削減され、その時、弁天町から離れて行った家族も多数いたのかもしれない。私は自分が住んでいた弁天町に沈みゆくものにできる影を感じ、直感的に函館を離れたいと考えるようになった。そこで高校を卒業すると札幌に行った。

a0158797_23562437.jpg

ところが、函館に戻り近くをくまなく歩いてみると、良く言えば下町、現実は人口減少が著しい「7過去の街」になっていた。
だが、これは函館の縮図である。歴史ほんの一時期栄えた街は、時間と共に寂しい街へと変身しなければならなくなってしまうように、函館の都市構成が変貌した。
以前に何度か話したが、いつまで経っても、東京の銀座は銀座であり、渋谷は渋谷であり、新宿は新宿であり、青山は青山だ。だから東京はいつまでも東京なのだ。

その市街地の中で、賑やかになる地域が時代と共に変わっているのは、函館がいつまでも函館であるとは限らないという推測を導く。
だから今弁天町、などとは言わないが、、この街が変わるかどうかは、今後の函館の数田を象徴することになるのではないかと思っています。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22311986.jpg

それは飲食店の紹介でもない。きっと黙っていても誰かがやるだろうし、実際たくさんの人が行っている。

a0158797_22373031.jpg

函館の写真を撮ること。これも誰でもやっていることでしょう。私もやっています(笑)

a0158797_22384567.jpg

ではあまり人がやっていないことは?函館を物語にすること。

a0158797_23100819.jpg

このような写真の中でも物語りがある。








いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23230489.jpg

以前作るとお話ししていました、函館の写真集、本日やっとクラウドファンディングの方と第一回目の打ち合わせをいたしました。
クラウドファンディング、知らない方にはなじみのないものかもしれませんが、ネット上で資金調達をし、目標額に達したら資金が用意され制作にとりかかり資金提供してくれた方にリターンを提供するという「購入型」になると思います。提供する物は基本的にはネットによって調達されたお金を使って写真集を製作し、それを提供金額に応じて写真集の部数や、そんなにたくさんいらないという方には函館で作られている素敵な作品などを追加して、一口いくらという形で募集をさせていただきたいと思っています。

a0158797_23372785.jpg

なぜこのようなものを出そうということになったのか、それは正式に募集発表の際に詳細を述べたいと思いますが、写真集を出したいという自分の活動としてではなく、違った意味合いを考えて出すことにしました。私としては初の写真集です。

a0158797_23431373.jpg

それは、私が住んでいる観光地ではない西部地区の写真が中心となるでしょう。
何万枚の中から選択し、最終的に50~60枚程度のに絞って函館の光と影をお伝えしたいと企画しています。
きれいでどのガイドブックにも載っているような函館ではない写真の集合体と、それを撮った自分の心情をつづることになると思います。

a0158797_23492887.jpg

サイは投げられた。募集を開始するのは早くても7月からになるというスケジュールになっていますが、正式に内容が決まったら、また改めてここでお知らせしたいと思います。この写真集には深い意味を込めようと考え中であります。
何卒よろしくお願いいたします。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村