<   2019年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0158797_22362025.jpg

先週ボーニの食堂に行った。
今は、ちゃんとした名前のあるレストランなのだが、私にとってはやはり「ぼーにのしょくどう」なのだ。

a0158797_22383669.jpg

私が子供の頃、父が半年以上にも及ぶ北洋漁業から帰って来ると、必ずボーニに行き、おもちゃ売り場で何かを買ってもらい、ルンルン気分で昼食をぼーにのしょくどうで食べたのだった。父はあまりお出かけをしたくないタイプであったため、家族そろってのお出かけは「オカ」に上がった最初と海に出る前のけじめ的な時しかなかったように記憶している。

ちなみに父が働いていたのは蟹工船であった。仕事のことはあまり聞いたことがなかったが、1,2年前に操業当時の話を少しだけ聞いたことがある。広いベーリング海にぽつんと停泊している母船で毎日3~4時間の睡眠で、その他はずっと休日もなしに働いたという。まさに小林多喜二の「蟹工船」の世界だった。朝目覚めると誰か一人がいなくなったこともあったそうだ。たぶん、過酷な労働に耐え切れず、夜のベーリング海に身を投じたのだろう、と父たちは考えていた。そんな過酷な環境で耐えうれたのもきっと家族がいたからだったのではないかと想像した。だから、下船時に支給されるボーーナスで、私たち兄弟はボーニでおもちゃを買ってもらい、ぼーにのしょくどうでご飯とデザートを食べさせるのも楽しみの一つだったのかもしれない。

なによりも子供にとって、まして、当時の子供にとって喉から手が出るほど楽しみにしていたのはデザートだった。主食はてきとうに食べ、食後に出てくるデザートがどちらかというとメインだった。そして、私の記憶の中で最も注文したのがバナナサンデーだった。

a0158797_01181193.jpg

バナナは時々母が買って来てくれて食べ慣れているはずなのに、アイスクリームと生クリームが添えられると、普段食べるバナナとは全く違う味に感じていた。アイスクリームも普段小遣いで買った10円の雪印のアイスクリームとは違った味がした。生クリームなんてここでしか食べれなかった。
改めて50年ぶりに食べてみるととても美味しかった。高級とはいえるほどのものでは決してないが、そんなことよりも、「ぼーにのしょくどう」でバナナサンデーを食べることが貴重であった。

a0158797_01251074.jpg

何歳くらいまでだったろうか、私はこの子供用椅子に腰かけ、どみの子供でもやるように、テーブルに食べ物をまき散らしていた。それを母はハンカチかちり紙(当時はティッシュなどなかった)できちんと吹いていた。それを見ていた私は、今でも、食べ物をこぼした時には、母と同じようにティッシュできちんと拭き取ったりしている。席を立った時、テーブルが汚かったら、それは恥を晒すようなものだと、私は理解していた。

a0158797_01320160.jpg

で、私はメインで何を注文したかというと、チャーハンだった。自分でもなぜチャーハンを頼んだのかさっぱりわからなかった。ぼーにのしょくどうで最後に注文するのに最もふさわしいものが何なのかわからなくなってしまい、レジで食事券を買う時、予想外に自分の口からチャーハンという言葉が出てしまった。でも、それで良かったのかもしれない。

ぼーにのしょくどうは、私たち家族連れの他に、これから旅に出ようという大人も利用していた。ここからは函館駅が見える。若いカップル(だと当時は思っていた)や一人で外を見ている女性。親戚たちと楽しい会話をしているグループ。そんな色々な立場の人たちがこのぼーにのしょくどうを利用していた。

a0158797_01374402.jpg

それは、色々な人々の希望や絶望や笑いや涙や楽しみや哀しみを一つの場所に集めたような場所だった。子供の頃はそこまで考えなくても、大人になった時、たぶんそうだったのだろうと振り返ってみることができた。
ここで食事をして旅に出る人、旅から帰ってここで食事をする人。
子供心にバナナサンデーを食べながらそのような人たちを見ていたような気がする。






いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22211596.jpg

父の手術の前日、担当医から手術の内容について説明を受けた。
当初想定したよりも複雑な手術になるようだ。それに加えて85歳という高齢であるため、手術によって他の劣って来ている箇所からの負の影響も懸念されるようだ。
最初はそれほどで危惧することもない手術だと思っていたのだが、自分が考えていたよりも手術時間も要し、医療技術も駆使しなければならないようだ。
でも、もっと困難な手術を受けた人からすると、大騒ぎするほどのものではないはずだ。世の中には、もっと大変な手術を経験して生き延びている人もいる。また、父と同じような手術を受けた人も数多くいるだろうと、明日の手術はその中のひとつにしか過ぎないだろう。だから、私も冷静に経緯を受け止めることができる。

しかし、今回の病症発覚から入院に至るまでの間に、あることを考えさせられてしまった。
それは、ついに親の命を左右する判断を私がしなければならない時が来てしまった、ということだ。母ももうすぐ88歳になる高齢で、だんだん物事を判断することが容易ではなくなってしまっている。そのため母も判断は私に任せてしまっている。幸い、札幌に住んでいる妹も来てくれているため、精神的負担は軽減できているが、退院するまでの間にもし何か起き、迅速な決断をしなければならないとしたら、それは全て私にかかってくることだ。

いずれそのような時が来るだろうとは頭の片隅にはあったが、それが現実となった。しかし、よくよく考えてみると、私が子供の頃、自ら判断できないことは全て親がやってくれて来た。そのおかげで今の自分がいる。その役目が交代しただけなのだと思うと、これも自然な一生の流れなのだと思う。

どこの家庭にでもいずれ起こるだろう、よくあることを誇張して表現するつもりはない。
今回たまたま私たちの家族にその順番が回ってきたことだけなのだ。街は、そんな色々な家族の物語を静かに静かに抱え込みながら、いつもの風景を私たちに見せている。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_00295035.jpg

明日父が入院する。手術のための入院だ。午後から病院に入院することになっている。
午前中は自分の定期的な診療のためにとある病院に行ってから、午後に父母を連れて入院の手続きをし病室に行き身の回りのものを配置し、可能であれば主治医の説明も受けたい。それから母を家に戻し、夕方には会社の社員の父親の通夜に参列しなければならない。休日だが、ロスのない時間の使い方をしなければならない日になりそうだ。

今まであまり家族のことには触れたことはなかったが、明日一段落できたなら、父のことについて書いてみたいと思う。
絵は、もちろんフェルメールの作品であり、私の父ではありません。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_07340664.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23473211.jpg

年末、札幌でフェルメールとレンブラントの「リ・クリエイト」の展示会を観た。
上の写真は、私がフェルメールといえば思い起こす、「手紙を書く婦人と召使」という作品。でも、世間的には「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」の方が気に入られているようですね。

a0158797_23532819.jpg

それはそれとして、次の二つの作品では、なぜこれをフェルメールは描いたのだろうか、という疑問が拭い去れませんでした。

a0158797_23551986.jpg

「天文学者」

a0158797_23560265.jpg

「地理学者}

詳しく調べていないので、的外れなことを言うかもしれませんが、この2枚の絵、背景も登場人物もほとんど同じで、向かい合ってるものが違うだけ。



意味が分かりません。不思議です。


当時フェルメールがモデル不足だったのか。それとも、この人物は天文学者でもあり地理学者でもあったのか。



わかりません・・・・・・。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23233970.jpg

a0158797_23240527.jpg

a0158797_23242953.jpg

a0158797_23245336.jpg

これらは3店舗の写真です。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23133171.jpg

去年あたりから次第に強く感じてきたことですが、一般的な飲食店で、予約を入れなければ中に入れない傾向にありつつあるという、ちょっと困った事態に私は若干やりきれない思いをしています。

それが、高級レストランのコースであるとかであったらまだわかるのですが、それまで気楽に入店できていたお店に「予約」という優先席が設けられて、場合によっては入ることができなくなるというのは、世の中の傾向としてあまりいいものではないのではないかと思っている次第なのであります。
これは予約を受け入れるお店を非難しようという訳ではありません。私だって大人数で集まる時にはしっかり予約をして席を確保しますし、お店にとっても当然メリットがあるでしょうし、予約を拒否しなければならない理由もないでしょうから、予約を受け入れていると思います。
問題なのは、例えばカフェなどが予約でいっぱいになること。これはどうなのかな、と思ってしまうわけです。予約と言っても、さきほど私が言った大人数でのものではなく、二人だけで行くのに予約を入れることです。
私の考えが古いのかもしれませんが、カフェは予約して行くところではなく、ぶらっとその時の気分で行ける所だと思っておりました。今日の気分は濃いめの珈琲が飲めるところがいい、またある日はそのお店から見える風景を楽しみたい、ある時は最も本がじっくり読める所等々、その時の自分の欲する所に行くことがカフェなどの楽しみの一つであるのですが、行ってみたらたまた満席であったのなら仕方なく引き上げるものの、空席があるのに予約で入れませんというのは、ちょっと残念な気がします。

昨年札幌のある料理店で、この予約に絡むことでけっこう不快な思いをしたことがあります。
そのお店は美味しい料理をが目白押しで、札幌に行く度によくぶらっと行っていたのですが、昨年知人に美味しい店があるから行きましょうと誘って、その料理店に連れて行きました。まだ時間的に早かったせいもあり空席も多くはないにしろ、私たち二人が席に着いてもまだそれなりに空席がある状態でした。ところが席に着くなり、店員がやって来て、「予約でしょうか?」という問いかけをされました。「いいえ」と答えると、その店員が話した正確な言葉は覚えていませんが。要約すると、「この先予約客が来る予定で、そちらを優先したいから、予約客が来たら帰ってくれ」という内容のものでした。もちろん、こんな露骨な表現はしませんでしたが、意味はその通りでした。
私も知人も少し不快な思いをしながら結局の所、そのお店で食べて飲んだのでしたが、店を出た後二人とも、ああいう言い方は気分のいいものではないという共通の感情を確認しました。たぶん私はもうそのお店には行かないと思います。そのお店にとっては、予約をして来てくれるお客さんが「いい客」で、ぶらっと来る客は「どうでもいい客」というような認識を持っているように感じたからです。

この札幌のお店は対応が不快に思えたので、もう行かないと心に決めたのですが、そもそもどうして世の中、こんなに予約をしてしまう風潮にあるのでしょうか?
せっかく行ったのに満席であれば嫌だから予約して行く、ということもあるかもしれません。あるいは、どうしてもそのお店をキープしたいということもあるかもしれません。例えば男女のデートで絶対外せないとか(笑)色々な理由があるのかもしれませんが、私のような気分によって店を選ぶ人間にとって、予約をしなければ入れない店は、次第にリストから外れて行ってしまうのです。
カフェなどのお店は、行ってみたらたまたま満員だったら仕方ない。違うお店を探して入ってみよう。でもそうすることによって、今まであまり気にも留めていなかったお店がけっこういい雰囲気を持っていたりとか、面白いメニューを取り揃えていたりとかという発見ができるかもしれない。そんな偶然に出会えるかもしれない。それもまた楽しいことのひとつです。
今の若い方々はそんなおおらかさがないのかな、とも思ってしまう訳であります。
ともかく、この傾向が続き、多くのカフェが予約がなければ入れなくなるようでしたら、私はコンビニの100円珈琲を買って車で飲むようになるでしょう。

色々書きましたが、ここで最も言いたいのは、簡単に予約してしまう今の文化って、世の中を面白くなくする方向にしてしまっているのではないかということでした。
まぁ、行列ができる料理店には絶対行かない私が言うことですから、少数派なのかもしれませんが・・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_12292518.jpg

皆様、あけましておめでとうございます。
3が日が過ぎてやっとブログでご挨拶になりました。今年初めでの記事が、3が日は潜んでいようとか、日本古来の慣習に従ってとかというわけでも何でもなく、本日になったのは単に書こうという気になったということでございます。12月末、年末年始休暇の初日から1泊2日で札幌に行ったのですが、見事に往路復路とも吹雪の中、特に復路は帰省ラッシュで相当な時間もかかったために、本来の気分転換の目的の旅が、1年間の疲労をより蓄積させる結果となってしまいました。
函館に帰って来てからは、ただ体を休める、それに徹しておりました。年賀状も3日に郵便局に投函するありさまでありました。(私の年賀状は、その前年に撮った写真を選びプリントするのが恒例となっていますので、時間がかかってしまうのです。でもこれはずっと続けます)

そんな年末年始が象徴されるような1年を、昨年過ごしてまいりました。
いつも疲労感が付き纏い、仕事に行くのが精一杯の日々がずっと続いておりました。仕事が終わると、どこかに飲みに行こうなどという気持ちにもなれず、真直ぐそのまま帰宅する日々が続きました。とにかく、次の日も出勤できるように自宅で体を休める・・・。それが日々の全てでした。
そして、当たり前に動くことができる健康というものが失われつつあることを思い知らされました。それでも、日々注意をし、睡眠やその他生活のバランスを考えてやっと夏の終わりに何か前向きに動けるような体調に整いつつある時、あの北海道ブラックアウトが襲いました。それから、また生活のリズムが乱れ、疲労に引き摺られる日々を年内ずっと続けるはめとなりました。

どのような状態だったかと申しますと、日中は普通に(時々車を停めて休むこともありましたが)仕事をし、帰宅してやっと落ち着く午後8時から9時くらいに軽い眩暈と体のだるさが必ず襲って来たのでした。もう、その時点で、寝るための準備を始めようという気持ちになります。明日もまた仕事なのだから。出勤という、会社員であれば当然な最低限のことが出来なければならない。ただそのために、帰宅後やりたいと思っていたことを全てキャンセルして眠る準備を始めていたのです。
ちよっとだけ調子のいい日はブログを書いたりしていました。でも、長文を書けるほどの体力はなく、どうしても長文しなければならない記事を4日がかりで書いたこともありました。

PCに向かって文章を書く、それほどたいしたことではないのではないかと思う方もいらっしゃるでしょうが、村上春樹も自ら話してしますように、文章を書くということは体力と気力が必要なのです。彼はそのためにジョギングを始めたそうですが、私は、この疲労感を取り除くために、考えられる原因のひとつひとつに対する対策を考えました。その中のひとつが、先日お話ししました「ミドリムシ」のサプリを飲むことでした。このミドリムシ、人間に必要な様々な栄養素が詰まっており、体全体を整えることができるかもしれないということで数あるサプリの中から選択しました。実際、半月ほど服用してみて感じたのは、劇的という訳ではありませんが(そもそも急速に劇的に変化するのであれば、それはもう医薬品の分野であるだろうし、また、副作用も怖い)日中の体の動きが軽くなったのと、朝の目覚めがスキッとしたことです。まだ、体全体的に纏わり付く疲労感は軽減されていませんが、そこそこの効果があったので続けてまいりたいと思っております。
その他、疲労の中でも視神経の部分が強いため、眼鏡を新潮することにしました。あと1週間ほどで出来てくる予定ですが、私を顔をご存知の方は、ちょっと違った顔に見えるかもしれません(笑)また、食事も、多種類の食材を細々と食べる、そして、しばらく習慣から除外していた牛乳を毎日飲む、などの普通と言えば普通のことをこの正月から始めております。

昨年、疲労感が抜けなかったのは、仕事が「負の処理」ばかりであったこともあります。体は、生産的な物事を実行しようとするとエネルギーが増してきます。しかし、自分に起因したわけでもない「負」を次から次へと処理しなければならないということは、心理的に私に「負」が蓄積されてきてしまったのです。もちろん、仕事ですから誰かがやらなければならないわけでありまして、役割上それが私に集中していたいたのでした。そのため、以前病院で精密検査してもらった原因不明・病名不明の症状が再発したこともたびたびありました。

負を克服し、それが成果としてプラスになり評価されるのであればまだましでしょうが、残念ながら私の仕事はそういうものではありません。絶望があっても希望は数少ない。昨年の仕事はそういうものでした。

しかし、これで潰れてしまうような私ではありません。誰にでも経験があるでしょうが、耐えなければならない時はじっと耐え、次にアクティヴに活動できるタイミングをじっと待っています。信じていると必ずその時は来るはずです。今までもそうだったように、今回もきっとその時はやって来るはずです。その時のためのイメージは常に持ち続けています。そして、僅かですが履行もしています。

今年から来年にかけて、必ず次のステージに入るだろうという信念があります。それだけを信じて、新年を迎えました。
昨年還暦を迎え、確かに体力の劣えを隠すことができなくなりましたが、これで終わる自分ではないはず。最低70歳までは社会の表舞台に立ち何かをしていたい。その気持ちは揺るぎません。自分の可能性という点では、若い時よりもますます広がっているような気がします。

さぁ、人生のラストスパートをかけなければならない時がやって来ました。
自分のことばかり書いて大変恐縮でしたが、どうか皆様にもエネルギーに溢れ、それぞれの道を歩みつつづけることができる1年であることをお祈りします。
投稿がまちまちになっていた昨年でしたが、無理なく、これからもこのブログを続けようと思います。ちょうど始めて9年経ちました。10年に向けて、皆様のご愛顧の程、よろしくお願いいたします。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村