a0158797_23143808.jpg

たぶん、こういう元町の画像を写真におさめようとする人はあまりいないと思います。

a0158797_23155133.jpg

a0158797_23162125.jpg

a0158797_23165996.jpg

a0158797_23173881.jpg

a0158797_23183678.jpg

a0158797_23190099.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23153636.jpg

隋人墓地の海側の径を歩いた方はどれほどいただろうか。
恥ずかしながら、私もこの度始めて歩いてみた。

a0158797_23180184.jpg

この径とは、一般的な外人墓地を巡る少し広めの道路の1本下にある、人がやっとすれ違うことができるくらいの細い径であった。

a0158797_23210092.jpg

この径を歩くと、普段は墓地の中を通って行く「モーリエ」が小さな階段を上るだけで行ける。いわゆる表門みたいなところだが、場所の関係で「裏手」のように思ってしまう。

a0158797_23241629.jpg

この場所に立って函館湾を行き交う船舶を見ていると、色々な雑念が消えて行く。ただただ、我々は静かにどこに行かなければならないのだと、その黙っていては何もできないということを、船は教えてくれる。

a0158797_23301113.jpg


a0158797_23312983.jpg


こんな風景はここでしか見ることができないだろう。

やはり、私たちは静かに静かに旅発たなければならない。でも、それは戻って来る場所があるという船出だ。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23023381.jpg

西部地区の歩道には花がたくさん植えてある。そして、立派ものではなくとも、素朴な輝きで私たちの目をさりげなく楽しませてくれる。

a0158797_23111476.jpg

閉校になった西小学校の敷地道端沿いに、今年は刈られることも、踏みつけられることもなく伸び伸びと成長していた。

a0158797_23152557.jpg

ちょっとした空地にはさりげなくプランターで花を育てている。

a0158797_23184416.jpg

もちろん外人墓地にはこんなにたくさんのものも。

a0158797_23193807.jpg

そしてけっこう多いのが、歩道の植樹帯の使われていない土を利用して花を植える
これって、市に無許可でやったらまずいのではないか?そう訊いたことがある。

「街がきれいになるならそっちの方がいいんでないかい」

私は何も言えなくなった。その通りだ。行政は枠組みを作るだけだ。それをどのように利用するか、それをもっと素晴らしいものにするかはやはり民衆にかかっている。
それわの花を植えているのは主に高齢の女性だ。その方たちが花の手入れをできなくなったら、街ももっと寂しくなってしまうだろう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村