a0158797_00404265.jpg

弘前 禅林街にて

a0158797_00414507.jpg

a0158797_00424067.jpg

a0158797_00432944.jpg

a0158797_00442752.jpg

a0158797_00454573.jpg

a0158797_00461995.jpg

a0158797_00470337.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_00234290.jpg

a0158797_00184724.jpg

a0158797_00191595.jpg

a0158797_00243279.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23444882.jpg

今年も「はこだて国際民俗芸術祭」に行った。いろいろな都合で2時間ほどしか会場に滞在できなかったが、奥入瀬と同じく、私の毎年の恒例行事となったこのイベントは、行く度に新たな発見をさせてくれる。

a0158797_23504663.jpg

今回、特に取り上げたいのがセネガルのミュージシャンだ。

a0158797_23522693.jpg

いかにもアフリカだな、というノリと同時に黒人独特のリズムの出し方で、観衆は次第に踊り始めた。

a0158797_23554660.jpg

そして、ふと気づいた。国によって、民族によって、人種によって創り出すものは違っても、私たち人類はみんな音楽を求め踊りを求めた。原始的な欲求として、私たち人類はそれを創り出し、ずっとずっと形を変えながらも続けてきた。

a0158797_00020600.jpg

a0158797_00022716.jpg

さぁ、明日も世界の音楽で、踊れ、踊れ、踊れ。

註、私は仕事の関係で今日しか行けませんでしたが・・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_00063125.jpg

弘前の長勝寺に行った。
前回弘前を訪れた時も訪れたのだが、その時は市内を延々3時間以上歩き回った末に辿り着いたために、外観を眺めるだけにとどまった。だが今回はホテルをチェックアウトした後に最初に訪れたためにゆっくりと見ることができた。と言っても、長勝寺のある場所は、曹洞宗の寺のみで構成されている「禅林街」の最後に位置しているため、30度超えの炎天下を禅林街の端から歩いて来た者にとっては、丹念に境内を隅から隅へと動いて見ることは、ちょっときつかった。
それでも、時々休みながら長勝寺の主たるものは見た。

a0158797_00244749.jpg

そのひとつが「蒼竜窟」いう、阿弥陀如来、薬師如来、十一面観音の三尊仏とその厨子と、それを取り巻く五百羅漢がおさめられているお堂だ。上の写真は三尊仏とその厨子と羅漢の一部。そしてこれらの右側にはこんな羅漢たちが。

a0158797_00550766.jpg

これの一部をもう少しズームアップすると、

a0158797_00564149.jpg

そして、羅漢が並んでいる部分の手前の天井近くには、

a0158797_00585748.jpg

反対側、つまり三尊仏を中央に見て左側にも、

a0158797_00595873.jpg

もちろん、右側と同じく羅漢の隊列が。

a0158797_01013421.jpg

これも一部をズームアップすると、

a0158797_01022998.jpg

さて、羅漢とは「悟りをひらいた高僧」ということらしいが、ここで見た羅漢は、どうも普通の修業をしている僧に見えてしまうのですが、仏教というのは、釈迦の教えそのものには理解が及ぶけれど、それ以降の枝葉がついた人物(想像上も含めて)についてはどうも理解ができない部分がありまして、百本の手を持つ像など、釈迦の教えに直接どう関係するのか、勉強不足のせいかさっぱりわからないまま見ている。

だが、そのような疑問だらけの像を見ても、心はどこか通じているような気になっている私は、今更ながらですが、だいぶいい加減者であるのは確かなようであります。






いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23105510.jpg

a0158797_23112154.jpg

a0158797_23120450.jpg

a0158797_23131019.jpg

a0158797_23135958.jpg

a0158797_23150799.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23184644.jpg

元号が令和になって、逆に過去を遡ったものを題材にしたテレビ番組が多く見かけられる。

a0158797_23204339.jpg

そんな雰囲気の中、自分を遡ってみると、行く着くところはやはりこの曲だった。

a0158797_23221593.jpg

それも、The Bandのものではなく、私にとっては初めてこの曲を耳にしたパッピー・トウラムとのギター2本の弾き語りの曲だった。

a0158797_23242987.jpg

自らを省みると、結局この曲に舞い戻ってしまう。このバージョンはあまり聴けないのでとても曲だ。
そしてアコースティックギターが欲しくなった。自分好きな音楽を演奏してみたいという、ただ単純な少年の時のように、ギターを奏でてみたい。そこから何かが始まり、今に至っているのだから。

I shall be released







いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22341246.jpg

そう言えば、去年の今頃社員旅行で福島県に行っていた。その後このブログでもいくつかの風景を掲載しましたが、まだ投稿していない写真があったため、いくつかご紹介します。

a0158797_22370286.jpg

ご紹介するのは大内宿です。たまたまテレビで旅行の何か月前にこの大内宿のことを知っていたため、旅行コースに入っていたのは幸いなことでした。しかし、ある程度予想していたとはいえ、ほんの小さな集落だったことには、びっくりしました。上の写真はその大内宿へ続く入口です。

a0158797_22421761.jpg

テレビでは、大内宿のある方がなぜこのような昔ながらの建物が残っているかという質問に対して、「国道が整備された時、この集落がずっと離れたところに道路ができてしまい、宿街としての収入が激減し、住民が貧しくなり、建替えができなかったからこのような建物が残った」という説明をしていた。それこそ江戸時代は会津西街道の要所だったらしい。その後調べてみると、国鉄の駅もこの集落から遠く離れた所に開業したため、宿場街としての機能をより失っていたのではないかと推測します。

a0158797_22573996.jpg

a0158797_22580301.jpg

a0158797_22583509.jpg

a0158797_22585638.jpg

a0158797_22591756.jpg

a0158797_22594337.jpg

a0158797_23001220.jpg

a0158797_23004880.jpg

経緯はともあれ、北海道ではほとんど見ることができない古来の日本家屋が残っている(それも降雪地帯で)というのは、貴重なものであることには違いがありません。
この時は滞在時間が30分あったかどうかという短いものでしたので、今度はもっとゆっくり行ってみたいものだと思いました。

a0158797_23042214.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23254475.jpg

しばらく日本で販売停止していたアメリカ製の「クイックブライトです。現在ネット上ですが販売されています。
日本のお掃除と言えば、せいぜい100円~500円程度の洗剤でありますが、それで毎日掃除をしていればそれでもいいのですが、私のようにやらなければ年単位で掃除をしないものもある人間にとっては非常に頼りになる洗剤です。
長年蓄積された汚れが(全てとは言えませんが)次々ときれいになって行く光景は圧巻です。実は以前普通にホームセンターで売っていたのですが、どうやら皆様は毎日きれいに掃除をしているためなのか、ただ単に価格が高いから敬遠していたためなのかはわかりませんが、今まで普通の洗剤で落ちなかったものがこれで落ちるとわかれば、高くも何もないことが実感できます。

a0158797_23351543.jpg

例えば、いくら洗車しても落ちない水垢も、洗剤をつけてじっくり拭くと、これがびっくりするくらいきれいになります。脂汚れはもちろんのこと、風呂の垢や壁など様々な用途に利用することができます。この洗剤の大きな魅力は「元々白かったものを復元できる」ほどの洗浄力があることです。でも、直にペースト状の洗剤を雑巾に着けてせっせせっせと拭いても、手が荒れることはありません。ヤシの身の成分を使っているからなのですが逆に手がつるつるしています。

昔よく使っていたのですが、日本ではお目にかからなくなっていたので、自然に汚れて行くのをただ見守っていた私ですが、再び室内をきれいにしようという意欲に沸いている自分であります。あるネット上での販売価格は3,900円でしたが、その能力を知ったら決して高いとは思わないはずです。

たまには、暮らしに役立つ情報をお伝えしました。ランチの紹介ばかりよりはいいでしょ(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23433975.jpg

私は旅して、大都市のホテルの部屋に滞在し、孤独になることが好きだ。
小さな街でのいろいろなことから逃れて、何百万人・何千万人が住んでいる街のほんの一角にあるホテルの一室にいると、全てを忘れて、考えるのは自分のことだけになる。

独身時代はずっとそうだった。いや、それしかなかった。

この歳なって、このような孤独は、若い時に、函館から札幌に出て独り暮らしを始めて感じた孤独感とは違う。
大きな街に行くと、自分はその中のとても小さな存在でしかなく、それがとても心地良く思える。

そして、ひとりよがりに、この街で自分が何かできないかを考えてしまう。それには、もっと、本当の孤独感を持たなければならないのでないかと、頭のどこかで提案する。でも、もう一方からはここは遊びに来る街、それだけで充分だろう、と戒めている自分もある。
そんなことを考えながら、酒を飲みながら夜景を見ていると、とてもとても小さな人間なのだと再び考えてしまう。

さあ、答なんか今すぐ出ないのだから、鮭の酔いを借りてもう眠ってしまおう。朝には、素敵なホテルの素敵な朝食が待っている。

ただ、それだけでいいんだ。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22440217.jpg

昨日、ソフトバンクの通信が約4時間半不通になったとニュースで知った。
即日はイレギュラーの休日であったため、電話もすることもなかったため、docomoユーザーの私にとっては、影響はなかったのですが(誰かソフトバンクユーザーが私に電話をかけようとして断念した人もいたかもしれませんが)、ともかく少なくとも個人的には困ることはなかったのですが、ソフトバンクユーザーはパニックになったり、計り知れない不便を経験したことでしょう。ニュースでもユーザーインタビューでもその混乱ぶりが報道されていました。

そのインタビューの中には、仕事でアポを取れなくてやっと公衆電話を見つけて電話したものの、開いてもソフトバンクユーザーだったため連絡が取れず、結局アポなしで直接相手企業に行くことにしたという切羽詰まったものもあれば、10代と思われる女性が写真を撮ったけれど、インスタにアップできなくて困っているという、・・・・まぁ・・・・・この歳の私からするとつながった後からでもいいのではというところで困っていましたが、彼女たちにとってはそれが大切なことなんだろうなと思われることや、いつもスマホの地図で道案内をしてもらっているので、仕方なく駅前の道案内図で確かめている方々も見受けられました。

普段当たり前のように使っているものが使えなくなると、そのありがたみがよくわかるという意見もありました。しかし、私に関して言えば、やっとスマホに替えて自分でももっと活用範囲が広がるのかなと思いきや、携帯を見る機会は極端に減りました。契約してい通信容量は5GBなのですが、1か月でわずか2GB台という程度で以前よりも使用頻度は減少したのです。その理由を深く考えたことがないため、原因はわかりませんが、ともかく日常的にスマホを携帯しても、電話通信以外はあまり使っていないのが如実に表れています。

さて、そんなそんなスマホですが、私は情報をスマホに集中しないようにしています。例えば、地図検索もできるだけアナログの紙地図を見るようにしています。古い自動車に乗っているためもあり、車にはカーナビもなくスマホの現在位置情報から目的地へのルート案内という便利な機能もあるにも拘らず、ほとんど利用していません。特に函館市内を走る時には、全く使っていないと言っていいでしょう。それは、もちろん函館の道に慣れているという理由もありますが、一度ナビを使うと道を覚えることができなくなるからです。ナビを確かに便利ですが、人間に「考えさせる」という作業をしなくても済むようにさせてしまったのです。函館全体の地形、幹線道路はどのように走っていて、ある地点から目的地までどの待ちや道路を使って辿り着けばいいのか、それは自分の頭の中にある地図が一番確かです。
実際、ある街に転勤にして、その街を確実に走って仕事をするためにナビを使ったら、市内の道がどのような組み合わせ・経路・前後関係になっているか全く覚えられずに、結局ナビを使用せずに「紙」の地図で路を覚えた方もいらっしゃいます。

また、買い物もスマホではなるべく支払わないようにしています。もしもスマホを紛失して、あたふたしているうちにペイシステムをスマホに集中させている、誰かに使われてしまうかもしれません。まぁ、その場合クレジット会社も対応策を考えてくれているでしょうが、プリペイドカードなどはまだカードにしています。
私はiphoneを使用していませんので、Apple Payは当然使用していませんが、それに似たようなPayシステムも導入していません。
なぜなら、便利なものにはそれと同様の失うものがあるからです。
例えば、先のカーナビ。人間が持っている脳の能力を確実に低下させます。地図という図形と実際に走って得る線との融合の繰り返しで、場所の位置関係をインプットするという脳の作業を必要とせず、点と点を結ぶだけでその途中からちょっと外れた道路や街並を経験することができなくなり、脳内で街全体を俯瞰することができなくなってしまうのではないかと思いまする
種類は違いますが、私も30代前半までは通常の計算は暗算で行ってお客様に説明していたのですが、ある先輩から「暗算が得意なのは充分わかるけれど、お客さんに金額の話をする時は電卓でちゃんと数字が出ている方が安心してもらえる」と教えられ、お客さんに信頼してもらうためにはその方がいいだろうなと計算は全て電卓でするようになってから、暗算の能力は着実に下降しました。今ではこんな暗算もできないのかと自分でも情けなくなるくらいの程度です。

テクノロジーのおかげで色々便利になっていますが、アナログなこともして行かないと最新なものを駆使しているようで、考える力はどんどん衰えてしまうのかもしれません。先日自動車のタイヤがパンクしてスペア用のタイヤにとりあえず交換するという作業ができない男性がいました。何かあったらガソリンスタンドでやってもらう、と話していましたが、以前オイル交換も自分でやっていた私にとっては信じられないことでした。
最後に再び述べます。便利さは人をどんどん無能にしていきます。たまには体や頭を使ってアナログなことをやることが必要ではないかと、還暦を迎えたおじさんは思うのであります。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村