タグ:函館の問題 ( 206 ) タグの人気記事

a0158797_00060649.jpg

ある市職員と函館のことについて話していたら、職員から「函館にはミシュランの星がたくさん付いているホテルがない」というつぶやきを聞いた。
そういわれてだいぶ前に調べてみたのだが、全くそのとおりだった。
最高で星3で、それが函館の函館国際ホテルと男爵倶楽部とヴィラ・コンコルディア リゾート&スパだけであった。それ以上の評価を得たものは函館にはなかった。みなさんに有名で朝食が美味しいと言われているラビスタ函館ベイは2位であった。

でも私はそれでも過大評価していると思っている。それらのホテルが素晴らしくないといっているわけではない。それは、5ツ星の決め方が違うからだと思っている。
例えば、東京の5ツ星は「ザ・ペニンシュラ東京」「コンラッド東京」「グランドハイアット東京」「ザ・リッツ・カールトン東京」「アマン東京」「シャングリ・ラ ホテル 東京」など錚々たる顔ぶれが並ぶが、北海道で5ツ星といえば「ウインザーホテル」のみだけなのだ。それを基準に星4ツ3ツと比較すると、いつも私が札幌に行った時に気楽に泊まっているホテルは星3ツであり、えっ、これが?と首をかしげてしまうものだった。もちろん札幌のそのホテルの良さもわかっているし、好ましい部類に入るのだから泊まっているのだが、一昨年泊まった東京の二ッ星ホテルとは大きな差があった。

a0158797_00314465.jpg

その泊まった東京の二ッ星ホテルが「三井ガーデンホテル銀座プレミアム」であった。はっきり言って、東京の二ッ星の方がはるかにグレードが高い。(宿泊料も高いけど)フロント階の外部景色の見せ方、室内内部の工夫の凝らし方など、札幌の三ッ星に比べて歴然とした差があった。例えばホテルの客室の機能としてはどうでもいいかもしれないものなのだが、下の写真手前側がシャワールームになっていて、そこに入るとシースルーの窓があり、何とシャワー室から上の写真のような銀座の夜景が垣間見ることができるのでした。

a0158797_07204220.jpg
もちろんその景色をずっと眺めるわけでもないし、ましてシャワールームであれば立ったまま眺めなければならないのだから、ゆっくり夜景を眺めるとするとベットサイドが最も適した場所になるのはわかっていても、ちょっとした仕掛けをしてくれるオシャレさに、あぁ、やはりここは東京だなと感心してしまうのです。そして、ロビーはいたって静かで、騒がしくしている人などは全く見かけることもなく、銀座の喧騒など関係ないかのような静寂を保っています。

でも、ランク外のホテルでも素敵なホテルは、東京にはたくさんあります。そこが東京の奥深さであるのですが、残念ながら函館には現在それほどのホテルがないのがとても残念です。先ほどの「三井ガーデンホテル銀座プレミアム」のようなホテルが函館か札幌にあったら間違いなく星四ッになるでしょう。
そう、函館にも五ッとは必要ないかも取れませんが四ッくらいのホテルがあればいいですね。
そうすると、より国内外の団体旅行ではない、プライベート旅行のお客さんがもっと増えるかもしれませんね。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22581767.jpg

30年以上前、千歳空港から東京行の飛行機に乗ると、(極端に言えば)2人に1人は「白い恋人」か「六花亭」の紙袋を携えて機内に搭乗していた。
北海道に来たらこれをお土産にするとみんなに喜んでもらえるから。あるいは間違いのないものだから。とりあえず失礼はないだろうから。理由は個人によって異なるでしょうが、それはびっくりしてしまう光景でした。
今でも、先日見たテレビ番組では、日本の中でお土産人気No.1がRUTAOでNo.2が白い恋人だとか。これは北海道の中のランキングではなく全国のランキングだった。

そう、私も旅の帰りにご当地のお土産を考えると、けっこうそれだけで時間だけではなく精神的にロスをしてしまうことがある。
そんな時、〇〇に来たら、何はともあれ、これは定番でしょう、というものがあると助かる。
もうすっかり慣れた味とはいえ、仙台に行ったら必ず私は「萩の月」を買うルそれは二十代の頃、お土産でもらった萩の月を初めて食べた時、衝撃が走ったからだ。こんな美味しいお菓子がこの世にあったなんて!

それ以来、仙台のお土産=萩の月という公式が私の頭の中に出来上がった。
このようなインパクトを与えると、それを造った人たちが住んでいるその街のイメージもなぜか良くなってしまう。これは多くはないかもしれないが、私だけではないだろう。
しかし、函館には残念ながらそのようなお土産スイーツがない。全くないという訳ではないけれど、たぶん函館の観光客は、「迷わずこれ」というものには出会っていないだろうと思うし、とりあえず函館という名前がついているお菓子を買って行けばいいだろうという認識ていどなのではないか。

では、なぜ函館にはそのようなネームバリューのある土産用スイーツがないのか、話し始めるととても長くなるので、シリーズとして数回に分けて述べてみたいと思っています。それは、函館の人の気質の上に成り立っているものだからです。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23250325.jpg

中国人観光客の方々へ。

ようこそ函館へ!中国ではあまり見かけない街の特徴を持つ函館を、どうぞ充分ご堪能ください。
美味しい海の幸もたっぷり召し上がってください。そして、帰国したら、是非函館という街は素敵だったよと近い人にお伝えください。
函館はあなた方を歓迎しています。

でも、ひとつだけお願いがあります。

どうか、車道に立ったまま写真撮影をすることは、絶対にやめてください。
たまたま、大きな事故がないからまだ運がいいと済ませているのですが、車を運転する身としては、あなた方の行動はとても危険です。車が近付いても気にする様子も全くなく、自分の撮りたいシチュエーションに身を置き撮影をすることは命よりも大切なのことですか?
もちろん、私も状況判断をして減速したり回避したりしますが、何かの理由で車が制御不能となった時、あるいは日本人的な感覚で道路を走って「まさか車道上に人が立って微動だにしない」ということを想定できになかった時、起こってはいけない交通事故が発生する可能性が確実に上がります。

私たちも、せっかく来ていただいた観光客が交通事故に会ってほしいなどとは全く思っていませんし、自分たちがその加害者になりたいなんて全く思っていません。
ですからお願いします。本当に本当に大変危険ですので、車道に立ち止まって写真撮影をすることは決してしないでください。
素敵な写真を撮る方法は他にいくらでもあるのですから。

安全な旅をして、函館のいいところだけ想い出になさってください。そして、また函館に来て、「安全に」観光をしていただきたく強く希望しています。

どうかどうか、よろしくお願いいたします。
旅は生きて祖国に帰ってこそ楽しい思い出になるはずなのですら。
奇特な方は,これを中国語に訳してお伝えください。

函館に住む人間として、せっかく来ていただいた大切なゲストに傷を負わせたり、命を落としたりしてほしくないからです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22064784.jpg


いつものことながら、写真と記事は関係ありません。

さて、日常的に目にする函館市民の「ちょっと困った習慣的な行動」について、少しだけお話ししてみる。

まず銀行のATM。今日のような給料支給日には、けっこうな数の行列ができる。これは仕方ないことだと思う。みんな給料をもらうために働いていたのだと思うし、その支給日となればATMが混雑するのは当然のことであると思う。だが、その中でちょっと困ったことがよくある。一人で1台のATMを長時間占領している人がいることだ。
えっ、そんなの当たり前と思っている方もいるかもしれませんが、大都市部の混雑しているATMでは、数回の取引を行ってもまだ用が完遂しない場合は、一度ATMの前を離れ、最後尾に並び直して再度続きの手続きを行う人が度々見られる。
しかし、函館でそのような並び替えをした人を今まで一度も見たことがない。気配りがないのか、自分さえよければ他人の都合などどうでもいいと思っているのか、延々と5分以上「占領」している人を、特に金の動きが集中する日には目立つ。
ATMの操作がスムーズにできない高齢者は仕方ないとして、それ以外の長時間占領者は、例えば必要以上にゆっくり車を走らせ、後ろに何十台もの車を引連れて渋滞を起していることを何とも思わない人と同じように、他の人の「時間」を奪っているという意識が皆無なのだと思う。とにかく自分の用を済ますことが最優先、つまり自分ファーストの発想しかできないのではないかと民度の低さに困ったな、思うことがあります。

次に運転。

ひとつめは、信号のない交差点の優先道路がわかっていない。誰でも自動車学校で勉強したと思うのですが、「止まれ」の標識のある道路とそれがない道路の交差点での優先通行権は標識がない方にあるのですが、その道路を走って来た人が、なぜか「止まれ」でもないのに一時停止をしてしまうのです。一方「止まれ」の標識のある道路側の車は交通ルール―を守り、優先道路の車が横断するまで待たなければならないのですが、優先道路の車が一時停止をしてしまうと、結局「お見合い」状態になり、酷い時は10秒以上それが続くことがある。
私は心の中で「こっちはルールを守りたいのだから早く行ってよ」と心で願っていても、相手は微動だにせず、結局お見合いが続くことになってしまい、ここでもお互いの人生の大切な時間を浪費してしまうことになっしまうのです(ちょっと大袈裟な表現ですが)
もちろん交差点で事故は最も多く発生しますので用心に越したことがないのですが、まず自分がどのような道路を走っているのかくらいは理解してほしいものです。

そういう意味では、一方通行。特に函館市役所の出口専用の駐車場から出る市道は一方通行となっていることに、しっかり標識があるにも拘らずそれを認識していない人々が多く存在するのではないでしょうか。駐車場を出ると右折しかできません。それは今説明した通り一方通行だからなのです。そしてこの一方通行路、楽々2台並走できるくらいの道路幅員があるので、車線はないけれど、実際2車線の一方通行道路となっています。
さて、この道を走る車で、一方通行なのになぜか左側を走り、次の交差点で右折をする車両があるのです。私は元々次の交差点で右折する予定の場合は右側(庁舎側)を走り、右側に寄って右折をします。それが普通の一歩通行の走り方であるはずなのが、なぜかそのように走っていると、並走している左側の車からクラクションを鳴らされたり、窓越しにジロっと睨まれたりしてしまうのです。
そのような方々は一方通行の左側から右折をしています。クラクションを鳴らしたいのはこちらの方なのですが、どうもその方々は一方通行であるという認識がないためなのか、右折する時でも左側に寄らなければならないと思っているのかわかりませんが、でも、考えてもみてください。片側2車線の同眼の左側車線を走っている車が、交差点に近付いたら右折のウィンカーをあげて交差点を右折することくらい危険なことはないはずです。それでも、クラクションを鳴らす方は、今走っている道路にどんな規制があるのか、きっとわかっていないのだと思わざるを得ない次第です。
駐車場の出口の向かい側にしっかり「一方通行」の標識があるのですが。

本当に函館市民の間では、ちょっと困った慣行があるようです。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22532900.jpg

写真はSUQ+

もしも函館から西部地区が消えたなら、まず一番身近な問題として、私は函館に住まなくなるかもしれない。
後に残った市街地は、全国どこにでもある地方都市になってしまうからだ。もちろん、魅力度No.1の街などには程遠い単なる北海道の一都市にしか過ぎなくなるであろう。なぜなら、それ以外に大きな魅力がないからだ。

もしも函館から西部地区が消えたなら、仕事は大幅に減少し、現在の市民も他都市への移住を決断しなければならなくなるだろう。例えば、炭鉱が閉山した街のように、労働者は他の都市に移住し、その時、函館の人口は、私のいい加減な直感で15万人前後まで減少するでしょう。逆に言うと、道南最大の都市で集積機能があるというだけでかろうじて15万人くらい住んでいられるだろう、と思っている次第です。

a0158797_23340119.jpg

もしも函館から西部地区が消えたなら、それはもう、いつ死んでもいいくらい、心の拠り所が無くなるでしょう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_2113717.jpg
厚沢部町・鶉ダムの岩肌。

<これは2012年2月から3月初めにかけて、私が函館市内の各地域の特性を考えて、将来こうなればいいという構想図を言葉で表したものの原文であります。当時は何日か置きに書いたりしていましたが、今回は全10章をひとまとめにお読みいただければと思い。再投稿したものです。文章は約6年近く前のものをそのまま使用しています。
今後函館をどうしたらいいのか、皆さまが考えるヒントになればいいと1章から最終章まで順番通りに通りに全てそのまま再投稿しました>

「中心市街地活性化」かーに関する記事の続きを書こうと、休日の今日、ゆっくりと函館市のHPを開いてみたら、新しい「函館市都市計画マスタープラン」を策定したとの新着情報を見た。そこでそのページを開いて読んでみるとびっくりした。
私がこのブログを開始して以来、一貫して訴えてきたことが、ほとんどそのまま「まちづくりの基本方向」と「まちづくりの方針」の現状把握と今後の理念として挙げられていた。もし疑われるのなら、本ブログを最初からお読みいただきたいが、それも大変面倒なことだろうと思うので、ここで私が訴えてきたものをまとめてご紹介したい。

1.函館市をコンパクトシティーに
 
 人口が減少する中、市街地の拡大は何の意味もなさないどころか、不必要な市街地拡大は単なる自然破壊にしか過ぎなくなる。また、人口減少は必要とされる家屋数の減少にもつながる。現状の市街地のままでも空地が散見するのに、このまま人口減少を続け、繁華街がいくつもあると、函館市は点在する村の集合体となってしまう可能性がある。つまり、函館郡美原村や本村や若松村のような規模に縮小してしまう恐れがあるということだ。
 これは大袈裟としても、少ない人口の割に広範囲に公共サービスを実施しなければならなくなり、人口減によって見込まれる歳入減の市の財政を大きく脅かす存在となる。

 それだけではなく、生活に必要な機能が分散することは、高齢化する社会に対応できないことは明白。もし現状のままこれ以上の高齢化社会を迎えたら、市民全員が高齢者のお世話を常にしていかなければならなくなるだろう。現在でも不便であるのに、今後はそれがより顕在化することになるだろう。

 この解決策としては、市街地のコンパクト化しかない。機能を極力集中させ、高齢者が利用しやすい環境を整えることが必要だ。そのキーワードとして「歩ける街」というものを、私は掲げた。歩いて楽しい街なのか、歩いて用を足せる街なのか。これが重要だ。
 大都市がなぜいつまでも大都市なのか?それは「歩ける街」だからだ。札幌がそのいい例だ。札幌はどんなに市街地が拡大しても、中心地は札幌駅前からすすきのの間である。近年は客足が大通から駅前に移ったようだが、それでもエリア全体としては不動だ。ここを中心として地下鉄で移動すると、各駅前もまた歩いてそれなりに最低限の所用を済ますことができる機能を有している場所が多い。

 これに対して函館は、車がなければ不便極まりない街となってしまった。それはなぜか?これは函館だけに現れている現象ではなく、どこの地方都市でも問題とすべき事柄なのだが、わかりやすく説明するために、函館の例をあげよう。
 それは、現在の都市計画が、人口も経済も地方自治団体の歳入も右肩上がりであろうという大前提に基づいたものだったからだ。その前提でできたのが産業道路周辺の街だ。その中心となっているのが美原地区だが、ここを中心として奥側に市街地が拡大していった。つまり、現在機能的に函館の中心となっている街は、前時代の思想による「まちづくり」だったのだ。

 「前時代のまちづくり」、つまり車での移動を前提とした街並だ。どこの都市も、それを基準に都市計画を策定していた。車のアクセスが街を発展させるという「日本列島改造」神話だ。これは、産業の発展という点では大いに貢献した。それは否定できない。だが、住宅地・商業地を交えたものまでにしたのが結果的に致命傷となった。
 車の移動に主眼を置いた道路と住宅地の整備は、機能の分散化を招いたに過ぎなかった。人口と経済がいつまでも右肩上がりであれば、いくつかの中心地ができても、それぞれの場所に機能を持たせることができたであろう。だが、それは地方都市では難題であった。
 人口減少が続く地方都市において、このような前時代の施策は、過疎化を加速させるに過ぎなかった。自分の目で確かめたいというのなら、北海道内や全国の各地方都市を視察してみるといいだろう。同じような現象が起きているはずだ。

 どの地方都市も、車が必要不可欠なまちづくりをしてしまった。その結果、大都市ほどの水準でもない収入の中で、車の購入・維持に占める支出の割合は当然高くなる。そうなると、その他に費やす金額は必然的に低くなる。街に金が回らなくなる。いっそう地方都市の経済は疲弊する。つまり、昔車好きの一部の若者が送っていた、「車に乗るために、食事はカップ麺で我慢する」という生活をしているわけだ。
 だが、人間は錯覚の生物だ。何歳になっても車を運転する生活ができるという思い違いを持っている。それを基準にできた「便利な場所」は発展した。それが函館では産業道路周辺の街だ。

 ところで、歩く街という観点で美原地区を見ると、例えば末広町あたりから20分歩くと、駅前・大門まで容易に辿り着くのに対して、美原の産業道路の交差点から20分歩くとちょうど昭和タウンプラザあたりに着く。末広町から大門までの間には、いくつもの金融機関もあり、市役所もあり、ちょっと道を外れると、気の利いたカフェもいくつもある。古い建物や風情を体に感じながら歩くことができる。では、美原出発はどうだろうか?最初に金融機関と亀田支所があるだけで、あとは荒涼とした風景の中を歩かなければならない。私は、どっちかを20分歩けと言われたら、何の迷いもなく末広町出発を選ぶだろう。車を中心として作られた道路は、産業道路に限らずただ苦痛なだけだ。そして、そこには何もない。ただ点として所々にちょっとまとまった商業施設があるだけだ。

 高齢化社会がますます加速するこれからの時代には、このような街並は「前時代の遺物」以外の何ものでもない。人間は正直だ。郊外型店舗の進出を抑えて、市役所周辺を中心に機能を集中させた伊達市は、僅かながらだが人口が増加している。つまり、高齢者の移住が増加しているということだ。
 歩いて日常的な用事を済ますことができる街こそ、これからの「便利な街」だということだ。

 次回に続きます。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_7534424.jpg
風力発電機と山々。江差町にて。

前回、現在の中心市街地と言われている美原地区を、「前時代の思想による街」と呼んだ。どうしてそのようになったのか。それは、車中心の道路整備によってできた街だからと述べたが、それによって歩けない街になってしまったのも流れとしては当然のことだ。また、その背景には、大型商業店舗が集まっており、それらが車で乗りつけて買物をすることが前提となっている施設であることも拍車がかかってしまった。
このような街並では、庶民が享楽できる店舗は育ちづらい。一番いい例が、飲食店だ。それも飲み屋さんである。歩けない街に酒を飲みに行くことは困難だ。私も最も落ち着いて酒が飲めるのは、自宅に車を置いて、車のことを何も考える必要のない状態になった時だ。だから、今も酒を呑むのは本町が中心となっている(個人的には大門で飲むのが好きだが)。札幌が大都市である理由のひとつは、いくら客足が衰えたとはいえ、絶対的存在として「すすきの」が存在していることにある。馬鹿なことを言うなと思われるかもしれないが、街の繁栄のためには「色々な意味」ですすきののような歓楽街が必要なのだ。また、カフェや雑貨店等の若者向けの店舗も然り。

つまり、美原地区は本来、週末に家族で車に乗ってまとめ買いなどをする、「郊外型店舗」中心の街であるべきだったはずなのだ。それがなぜか住宅地も兼ね備えた中心的存在になってしまった。これは衰退型地方都市の典型的スタイルである。函館がそのようになってしまったのには、単なる都市計画上の問題だけではない。旧市街地の借地問題や建築基準法上の許可が下りない道路、一個の宅地が狭小であるなど、現代生活にそぐわない要素が多くあったということも大きな原因だ。
そのため、ある程度の広さを持ち、自己所有できる住宅地が産業道路より山側に出現した。これによって土建業・建築業はある程度潤った。特に今の北美原地区の開発は広大なものなり、バブルが終わってからもなお、しばらくの間、函館の建築土木業にはその恩恵があったはずだ。建築土木業にとって、原野を道路や宅地などに変えることは将来の仕事を約束されたものだから、市街地拡大の都市計画はありがたいものであったに違いない。

ところが、今はというより10年以上前からそんな時代ではなくなった。少子高齢化が将来の課題として挙げられた時点で、都市計画も抜本から見直さなければならなかったのだ。これは全国的な課題だったのだが、函館もやっとその必要性を認めざるをえなくなってしまった。

さて、函館の中心を美原地区に据えると仮定しよう。そのために、高齢者でも歩いて買い物などができる街に変貌させる作業を行うことにしたとする。そのためには膨大な費用がかかるはずだ。街並の再整備や、今でさえ渋滞する交通網の整備のための、道路拡幅や渋滞解消のための新たな道路の敷設、公共サービス施設の移転など、高度経済成長時期に行った開発をもう一度行わなければならない。そんな金が函館市にあるのだろうか?

もうひとつの問題として、仮にそのように整備ができたとしたら、当然また市民の住居移動が始まる。旧市街地は今よりも廃れたものとなるだろう。特に若者が少ない西部地区は見るも無残な街並になるだろう。人が住まなくなった建物は朽ちるのが早くなる。また、街の中心が移動すると、当然夜景も変わる。正直に言って、昔見た夜景の方がきれいだった。どのような夜景か?函館山の手前側が明るい夜景だ。今はまだかろうじて夜景を売り物にできているが、街並が変わるとそれも大きく変わる。その時、観光に変わる主幹産業を構築することができるのだろうか?
もっと平たく言えば、「あんた、観光を捨てて何か市民が食っていける仕事を作れるのかい?その覚悟はあるのか」ということだ。
まさか今時企業誘致という前々時代の手法が通じるわけではないだろう。観光を捨てても市民が食っていける企業となれば、企業本体が大規模で、かつ二次的・三次的に裾野が拡がる産業が構築されなければ難しいだろう。今の函館にそのような企業・産業が誕生する素養はあるだろうか?

物事は全体的に考えなければならない。高齢化社会、それを支える金を産み出す産業、交通網、都市形成等々。観光もその他産業もという都合のいい選択はできないはずだ。そこまでの潤沢な金はない。私たち市民は覚悟を決めて、これからの市街地形成を考えなくてはならない。その岐路に立たされているのだ。

今日、実家に立ち寄ったら、父が雪掻きをしていた。実家に隣接する向こう3軒の家の住人が全て高齢者で、なおかつ、病気で動けないため、80近い父が自宅を含めて4軒分の雪掻きをしていたのだった。病気になっている高齢者たちは、全て父より年下だ。体がとりえの父は、整骨院に通いながらも4軒分の雪掻きを毎日やっている。休日だった私は雪掻きの手伝いをしてきた。
街並を考える時は、暖かい室内の机上で考えるのではなく、高齢者と一緒に雪掻きをして考えなければならない、と思っている。

次回に続く。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_0463446.jpg
ささきようすけ作品。「道南美術の21世紀」北海道立函館美術館にて開催中。

前回・前々回と美原地区を中心とする産業道路周辺の住宅地を否定的な論調で述べた。それに対して、お叱りとも言えるコメントをいただいた。断っておくが、私は特別に美原方面が嫌いであるとか、住民が嫌いであるというわけではない。ただ、美原地区が中心地化することに、函館の危機を感じてやまないからなのだ。
元々、今回述べようとしていたことに、その危機感も含まれていたため、まずそのことから述べよう。

今回の題材に対して数多くの方からコメントをいただいた。反対意見も多かった。それでこそある意味健全であると思う。だが、残念だったのは、前回私が述べた「観光に替わって函館市民が食べていける主幹産業をどうするのか」という問いかけに答えてくれた方は誰一人いなかったことだ。
街を整備して欲しい、利便性を良くして欲しい、などは消費者的発想だ。それでは、それを実行するための財源はどうするのか、税収を上げるためにはどうするのかという発想は置き去りにされている。国の税収と同じように、探せば無駄な支出は大いにあるだろう。だが、街を整備するという事業に要される金額はそのレベルを超えるところにある。その金をどうやって作るのか?また、今のままの都市形態を維持するにも金がかかる。人口が減り、高齢者の割合が高くなる将来、次第に要求のレベルが上がる市民の公共サービスを、減るであろう税収でどのようにカバーするのであろうか。それを補える、多額の法人税を納めてくれる巨大企業が誕生するのであろうか?

函館市の過去と現在と未来予測の人口を調べてみた。函館市のメイン市街地である、旧函館市(昭和48年、旧亀田市と合併した時の函館市)の、旧亀田市合併直後の昭和50年の人口は、約32万人であった。その頃、旧亀田市(主な地域は、富岡・美原・桔梗・中道・鍛治・本通・山の手・東山・昭和など)は、5万人強の人口しかなかった。ところが、住宅地の拡大によって、平成22年末には、約12万人が暮している。倍以上になったわけだ。ところが、函館市全体(戸井・恵山・椴法華・南茅部を除く)の平成22年末の人口は約約27.5万人しかいない。
これを何を意味するか?つまり、現在の市街地(戸井などを除く)は、約40万人以上が居住できる広さを持っているが、その7割にも満たない人口しかいないということだ。それが、平成47年には人口が19万人になるとの予測が発表されている。つまり、今の市街地の半分の土地は不要となるということだ。

これをもう少しわかりやすく説明しよう。かなり大雑把になるが、湯の川からの電車通りを函館港に向って万代町あたりで分けたとして、函館山方面でも、美原方面のどちらでもいいが、半分に人が全く住んでいないのとほぼ同じ状態だということだ。
もしこのような人口で現在の市街地を維持するとすれば、無人の半分の地域の道路の舗装の修繕や水道維持・下水の処理、ゴミの収集などを、誰も住んでいないのに行うのと同じことになるのだ。そうなると、公共交通機関などは、便数の増加などのサービス向上どころか、まだあるだけましという状態になる。恐らく減るであろう公務員は、その少ない職員数で、割合的に広くなった地域の公共サービスを行わなければならなくなる。当然公共サービスの質は低下するだろう。

これらを補うのがコンパクトシティなのだ。この考えは生産者的発想になるとわかるであろう。現状の社会を消費するという発想の下では、私の考えは、ネガティブだとか否定ばかりだとか思われるかもしれない。だが、どう思われようが来るものは来るのだ。今のままずっと暮していける可能性はかなり低いということだ。

さて、ここで言う消費者的発想とは、「現状の収入が続くと思い、より自己が受けるサービスの向上を期待し、社会に対して要求する」考えである。生産者的発想とは、「その消費を支えるために、経済的・社会的・地域的基盤を作る」考えである。この双方がバランスよく成り立っていれば問題ないのだが、今は、消費者的発想の方が世の中に幅をきかせているのが実情だ。だから国レベルでは赤字国債の発行を続けなければならないのだと思う。公務員の無駄遣いも、「自己が受けるサービスの向上」のためだ。

札幌のような大きな地域の中心地という役割が与えられている都市は、商業都市として成り立ち、消費者的発想が幅をきかせていても吸収できる部分が多い。しかし函館のような地方都市は、何かを生産していかなければ、衰退の一途を辿るだけだ。だから、市民は産業のことも同時に考えなければ、全体的な視野に立ったとは到底言えない。

とても残念なことだが、今の市街地を維持することは、将来的には困難だといわざるをえない。そのためには、市街地を縮小するしかない。市が今回発表した都市計画マスタープランで示した将来の市街地でも広いくらいだ。
では、街全体をどのようにコンパクにしたらいいか。次回はそのことを説明します。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_21563447.jpg
濱田啓塑作品。濱田啓塑のうつわ展「はる Ichiban・・・幸せの予感」ギャラリー三日月にて開催中。

少し間が空いてしまったが、今回の記事は執筆に時間がかかると思い、休日前夜に取り掛かることにした。さて、私は前回まで一度も「駅前を中心街にするべし」とは発言していない。しかし、都市計画マスタープランを肯定的に表現し、そのマスタープランには駅前の再興を目差すかのような指針が示されており、ちょうどタイミング良く「中心市街地活性化協議会」なるものが、駅前を中心地として据えた提案を発表したばかりで、なおかつタイトルが読み方によっては駅前を函館の中心地にしようと捉えられてもおかしくない表現になってしまったため、私の持論が昭和40年代前半までの函館市の再現を提唱していると誤解された方もいらっしゃるだろう。
だが、私はずっと前から本ブログにおいて、駅前は商住混合地域にすべきだと主張している。では、私が考えるコンパクトシティーとはどんなものなのかを述べてみたい。

2.コンパクトシティーにすべき理由(現状)と施策
(1)交通網
現在、旧亀田市の道路は朝夕の混雑がひどい。この原因として考えられるのが、北斗市・七飯町からの乗り入れも含めた通勤によるものであり、人口分布上の原因も大きくある。だが、それに加えて、通り抜けることができる道路が少ないことが拍車をかけている。
この地域は近年いくつもの道路が新設や拡幅されているが、それでも大きな渋滞解消には至っていない。そして、今後も渋滞解消できる要素はない。なぜなら、この地域には道路整備をできない事情があるからだ。

旧函館市と旧亀田市が合併すると、急激に市街地が旧亀田市側に広がった。その広がりに伴った道路整備計画をとることができなかったため、特に、富岡・昭和・鍛治・中道地区には行止りがある私道が数多くある。道路幅は狭く、とてもではないがバスの通行が可能なものではない。
ちなみに、私道を公道にすると色々な面で整備が進むのではないかと思うかもしれないが、公道に認定されるためには「通り抜けできる道路」でなければならない。この地域は、元々農地であった土地を、住宅地が拡がったために、農地所有者が切り売りしてできた住宅地がいたる所にある。建築基準法上では、4メートル以上の道路がなければ建物を建築できないため、とりあえず売る箇所だけその基準を満たしたと思われるような道路が数多くある。

そのように私道が作られたため、舗装が進んでいない地区が随所に見られる。舗装道路とは、市が上下水菅と雨水菅の敷設を含めた全てを施工・管理している道路のことだ、一方私道の舗装は道路所有者の任意であるため、あっても簡易舗装(表面だけ舗装する)に終わっており、また、道路地下に上下水道管を敷設するにも道路所有者の承諾が必要であるため、整備が進まない場合もある。
実際、市街地のど真ん中で、前述の承諾をしていない地主のために、下水道が通っていない場所もある。今時だ。その地域ではいまだに汲取り式の便槽を使用している。

また、現在は公道でも、昔私道であった道路に敷設されている水道管が私設のものであることも多い。信じられないかもしれないが、美原地区に目立って多い。恐らく産業道路が大きく拡幅されて市街地化が進んだ頃に、住宅地開発を行った不動産会社が敷いた水道管であろうと思うが、これも市のものではないため、仮に老朽化したからといって、市が勝手に交換をすることができない。
信じられないかもしれないが、旧亀田市にはこのような盲点が多い。いわゆるライフラインが不安定であるということだ。

さて、話が逸れたので交通網に戻そう。旧亀田市にはこのような難点があるため、旧函館市のような碁盤の目のような道路網を築くのは不可能だ。近年盛んに行われた道路拡幅・新設は、新外環状線にアクセスするための道路整備であり、新外環状線が完成したら、旧亀田市地区での道路整備は行われないとのことだ。都市計画図上での「計画道路」はあるが、予定は全く立っていないという。
つまり、今以上に良くなるということはないということだ。

これは何を意味するか。幹線道路・準幹線道路、つまりバスが通行できる道路の間隔が広いということだ。バス通りとバス通りのちょうど中間点に住む住民、特に高齢者には、バス停まで歩く距離が長いのは大変である。
その点、旧函館市は、幾度もの大火の経験から、広い道路が狭い地域の中に幾本もある。宝来町電停から松風町電停を通り五稜郭公園前、そして赤川通りに至る道路。高砂通り、八幡通り、どつく前電停から駅前・昭和・七飯町に続く、国道279号線・国道5号線の4本もの道路が、函館港と大森浜までの狭い地帯にある。これは、コンパクトシティを目差す上で重要だ。歩ける街には、近くにバス停・電停があることが必要である。

このように、自家用車を利用しない交通網という点では、旧函館市の方がはるかに整備できる可能性が高い。後は人が住めば、バス・電車の運行本数も増大できる。

次回に続きます。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_0132094.jpg
宝来町・銀座通り。

今夜2度目の記事の投稿となるため、簡単に記します。
詳細は次回に解説いたします。ご意見のある方は、次回をお読みいただいてからお願い致します。

(3)新中心地と他の地域の役割の提言

函館の中心地として提案する場所・・・・新川町から千代台公園
本町方面・・・歓楽地、商業地区
駅前・大門方面・・・住宅地・商業地
湯の川方面・・・スポーツ施設集中地域、スパ地域
十字街方面・・・デザイン他のクリエイト産業地域
西部地区全体・・・中年以上の居住区
美原、石川、昭和、桔梗方面・・・北斗市、七飯町所在企業の就業者の住居地域

以上の大きな分け方をしました、その理由と効果については、次回詳しく述べます。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村