タグ:函館の街 ( 525 ) タグの人気記事

a0158797_20473951.jpg
旧々函館無尽(旧北洋相互銀行)、SEC(関根要太郎作)、旧安田銀行(現ホテルニューハコダテ)が並んで見えるこの角度が最もお気に入りの八幡坂風景です。
a0158797_1552331.jpg
日和坂。この界隈には古い家が多く、色々な角度から撮影することが楽める坂です。

私は学者でも何でもないので、詳細な調査や高尚な理論に基づいてこの題材について話すわけではない。約半世紀の経験を繋ぎ合わせて一つの形になったことを言葉で表現するだけである。

この命題を考えるきっかけになったのは、北海道生まれの人間で、北海道のあちこちを訪れたことがあるということが原因となっているのかもしれない。何故なら、長い年月と領主の変遷によって街が様変わりした歴史を持つ本州の街では、ややこし過ぎて気付きもしないことが、この歴史が浅くてややこしくない北海道に住んでいると、明瞭な形で見えてくるからである。

以前書いたことがあるが、私は苫小牧に住んでいた。この街はご存知のように工業や物流の拠点として拡大してきた街だ。特にトヨタや関連する事業所の労働者の収入は、他事業所の同年齢のそれに比べ高い。飲食店での彼らの金の使いっぷりは別物、とスナックのママから聞いたことがある。市にも収入が入る。生活保護費は全道でもトップクラスだ。そのためなのだろうか、離婚率も高い。逆に貧富の差が歴然としているからなのだろうか、犯罪発生率も全道トップクラスだ。そして、この街には美術館がない。書店に人が入っていない。人口と書店数の割合から進出して来た書店はいつもがらがらだ。
この街で早くから開業したある老舗企業の社長は「本屋なんかやってもこの街では儲かるわけがない」と断言した。苫小牧には文化が根付いていない。

何故なのか?それは、この街の住民の多くを占める人間が、この街が好きだから住んでいるのではなく、稼ぐために住んで働いているからだ。

街に愛着心を持たないと文化は産まれない。これが私の持論だ。

もし、大手企業が幾つか苫小牧から撤退したら、物凄い数の人間があっという間にこの街から去っていくだろう。かつて、高収入を魅力とした移住者に溢れた炭鉱地が閉山によってもぬけの殻となり、廃墟だらけとなったように、「金の切れ目が縁の切れ目」だからだ。
どのような街でも存亡の危機はあるはずだ。基幹産業が斜陽化し、失望に街が覆われた時だ。その時、街に愛着を持っている者は何とか再興できないかと必死に考える。より楽しい街にしたい。これからも自分が住んで行く街だから。

そう、「自分が生きて行くべき街」と思う人が多く住んでいる都市に文化は産まれるのだ。

そういう意味では、函館はまだ救われている。正確に言うと、その分岐点にあるのかもしれない。しかし、ここに住んでいることが必然的であって、その暮らしの中で自己を表現して行きたいと思う人がまだたくさんいるのも確かだ。私はそういう人々が失望せずに、その想いを具現化していけば函館は文化だけではなく、産業においても「廃墟」状態になることはないと信じている。
だから私もこの街に住んでいる。
a0158797_22103686.jpg
この美容室の名前はギリシャ語だそうです。そういえば、建物もエーゲ海にありそうだと想像できますね。
a0158797_22125434.jpg
千歳坂。この坂を登った突き当たり周辺に函館の歴史上貴重な寺院が並立しています。

最初に断っておくが、私は蕎麦通ではない。何故なら、蕎麦通はもり蕎麦等の「冷たい蕎麦」を好むに対し、私は「温かい蕎麦」が大好きであるからだ。真夏でも汗をだらだら掻きながら食べる。蕎麦粉の割合もどうでもいい。美味しければ何割であろうが一向にかまわない。一言で言えば節操がない、ただの蕎麦大好き人間である。だから、これは蕎麦通のしきたりではなく、私だけの持論である。

まず、初めて入る店での注文だが、概ね金が許せば天ぷらそばを頼む。中華料理ほど頻度は低いが、やはりこれにも訳がある。まず第一に単純にてんぷらが好きだということと、美味しい蕎麦屋は大抵てんぷらも美味しいからだ。これは恐らく間違いないと思う。しかし、蕎麦の場合、必ずと言っていいほどのこだわりはない。
最もこだわるのは、やはり麺とつゆである。
麺は太麺と細麺のどちらでも好きだが、つゆとの味のバランスがとても大事だ。細麺の場合箸で掴むと自動的に多数の麺が付いてくる。と同時に相当量のつゆも付着して口に入ることになる。この時、つゆの味が濃くて尚且つ麺も濃厚な味であれば飽きが早々とやって来る。どんなに麺が美味しくてもだ。太麺の場合、多少つゆの味が濃くても一度に多数の麺を掴めないため、飽きはなかなか来ない。しかし、麺そのものが味を大きく左右する。麺が美味しくなくつゆが濃かったら、つゆで誤魔化したのか?と勘ぐってしまう。
結論として、つゆは適度に薄味で、麺はしっかりとした味わいがなければ細麺であろうが太麺であろうが最後まで堪能できないことになる。

それでは、函館の蕎麦屋の場合はどうだろうか?残念ながら全体的につゆの味が濃い。
以前大阪から来た人がこんなことを言った。

「北海道の料理は味付けを濃くして誤魔化している。せっかくの素材が台無しだ」

これを聞いた時、私も今より若かったため、何をいちゃもん付けてるんだ、と思ったが、年を重ね各地の料理を食べる機会が増えるにしたがって、それもあながち間違いではないと思ってきた。特に明石焼きを食べた時のたれ(つゆ)の香ばしさには脱帽した。札幌などでは流石に全国各地から人が流入しているせいか、まろやかなだしを効かせた味のつゆが増えてきている。
そして、麺も手打ちが増えて欲しいと思う。違う店に行っても同じ麺を使用されていることが多く、あぁ同じ製麺所の蕎麦なんだなとすぐわかってしまう。だから、その蕎麦屋の味は暫く経つと記憶から抜けてしまう。
記憶に長く残る蕎麦屋はやはり手打ち蕎麦だ。麺にこだわれば、それを引き立てるつゆにもこだわる。だから美味しいのだ。

どうか、手打ち蕎麦屋が2軒に1軒くらいの割合になって欲しい。蕎麦大好き人間の切なる願いであります。
a0158797_2217462.jpg
大町にて
a0158797_2218221.jpg
元町にて

どちらも一目見てお解かりの通り大失敗作です。でも、この灯りの柔らかい色が気に入り、恥を忍んで投稿しました。フィルム式一眼レフのため、きちんと撮れたかどうか確認できませんので・・・。(言い訳)
三脚を買うか、強靭な腕力をつけるまでは夜間撮影は自粛します。(後者は嘘です)

それにしても、函館の正月は道内他都市にはない家紋付暖簾を出している家を多く見つけることができ、やはり歴史を感じさせてくれますね。(最後は何も無かったように終わる)