タグ:函館の風景 ( 636 ) タグの人気記事

a0158797_22335556.jpg

元町公園の次は旧英国領事館へ。この施設の門を通るのも何年かぶりだ。
そして、この角度でベンチと建物を撮ったのは今回が初めてであった(たぶん)なぜこの角度が必要だったのか?それは、この角度でなければ「立入禁止」の赤いコーンが写ってしまうからだ。久し振りにしゃがむ+体をひねるという体勢で撮った。昔はどうしても撮りたい角度があったなら、地面に這いつくばって撮ったこともあったのに(笑)

a0158797_22402329.jpg

定番の角度。

a0158797_22410348.jpg

噴水。あえて開放でも高速でもないシャッタースピードで撮った。

a0158797_22430603.jpg

旧英国領事館といえば薔薇。

a0158797_22435230.jpg

旧英国領事館独特の窓枠と装飾。

旧英国領事館を後にして基坂を下った。電車通りの歩道で停まって基坂の両側を撮影。

a0158797_22462365.jpg

十字街方面。

a0158797_22470254.jpg

大町・どつく方面。

昨日も書いたが、曇りならそれなりに撮ればいい。それもまた景色だ。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_21380416.jpg

二十間坂から元町公園方面に向かう途中、定番の八幡坂を撮ってみたが、出来上がりがどうもしっくりこなかったのでその写真の掲載はパスして(笑)、船魂神社坂下で1枚。

a0158797_21423428.jpg

いつも思うのだが、女性の一人旅は素敵に見える。一人旅自体男女関係なく素敵なものだけれど、特に女性はちゃんと自分の世界を持っているのかなと見えてくる。

a0158797_21515296.jpg

この像を今まであまり撮影しようと考えなかったが、背景をこのようにしたら映えた。

a0158797_21533614.jpg

久し振りに撮った「海を見つめる少女」

a0158797_21542258.jpg

a0158797_21544563.jpg

元町公園から見た駅前方面とどっく方面。今回少しだけ収獲を得られた思ったのは、どうせ曇天であればそれなりに撮ればいいとわかったこと。曇りなら曇りらしく撮ればいいというこだ。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23183220.jpg

今年に入ってから自分でも信じられないくらい一眼レフでの写真撮影をしていなかった。なぜなのか、その理由を一言で言うと「面倒くさかった」になる。もう少し詳しく離すと、重たいカメラとレンズを首からぶら下げて、さもさも撮りますよ、という具合に構えてファインダーを覗く行為そのものが自分にとっても重く感じていた(重量もですが)もし撮りたくなったらサッとコンデジでスマートに撮ればいい。そういう日々がづっと続いていた。
そのおかげで約半年間、撮ろうと思って一眼レフを持ち歩いても実際に撮影するということはなかった。

だからと言って、自分ではスマートに撮っているつもりのコンデジの写真が納得できるものかというとそうでもなかった。このような経過説明を省いて結論だけ言うと、はっきり言って自分は下手くそになったということだ。久し振りに一眼レフを持っても、コンデジを持っても、きちんと写真に向き合っている気持ちが伝わる写真にはならなかった。

そう、ちょっと面倒くさがり、格好つけているうちに、全く面白くもなんともない写真ばかりを撮るようになってしまったのだった。その重っ苦しい悪循環は、本当に私にはカメラが必要なのかどうなのかという自分への疑問にまで変わっていた。しかし、自分からカメラを取ったら、何のとりえもないただのオヤジになってしまう。カメラで自分なりにやれることがまだあるのではないかと、大いに反省し、撮り始めた頃の「人からどう見えてもいい。いい写真が撮りたい」という気持ちを少しだけ思い出して、昔の定番撮影コースであった、ベイエリア・元町・緑の島辺りをずっしり重たい、EF70-200㎜ f/2.8 IS Ⅱ USMというレンズ〈よく記者会見などで見かけられる長い白っぽいボディのレンズです)首からぶら下げて撮ってみた。格好よく撮ろうなんて考えずに。

ベイエリアは、日本人や中国人と思われる人々がそれなりに多く歩いていた。

a0158797_23422072.jpg

家族連れの若いカップルも目立っていた。

a0158797_23451450.jpg

不思議とレンガ倉庫の前に車が停まると絵になるんですよね。

a0158797_23462195.jpg

新しくできたこのイタリアンレストラン、まだ行ったことない・・・・。

a0158797_23475180.jpg

たまにはこんな写真も。

a0158797_23483727.jpg

二十間坂の角にあるピンクビルディングの店舗の一部が変わっていた。

a0158797_23500913.jpg

そうそう、変わると言えば、ついにこの建物も解体されて新しい建物が建つような噂話を聞きましたね。素敵な建物が建つことを期待してやまないです。台風が近付いどんよりとして曇り空だったため、色彩的には冴えませんが、また、地道に地道に写真輪撮り続けようと思っています。格好など気にせずに(笑)





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22315166.jpg

昔、私はベイエリアの写真を日常的に撮っていた。レンガ倉庫や海岸などの風景ももちろん素敵だったのだが、ある時からそこを楽しそうに歩いている観光客の姿がとても素敵に思えてきた。西部地区の素敵な魅力のひとつにこれがある。歩いている人々(主に観光客)が楽しそうにちょっとおしゃれをして解放されたような表情で街歩きを楽しんでいる。これは他の日常生活しか感じることのできない市内の他地域では見ることのできない、とても素敵な風景だ。

a0158797_22405086.jpg

大門で飲んだ後、ベイエリア経由で歩いて帰ると、ホテルの客室に灯された光がとても羨ましく思えた。きっと函館の1日を楽しんだ家族や友達やカップルが、ゆったりと客室で旅でなければ得ることのできない時間を楽しんでいるのだろう。

「自分も旅人になりたい」

しだいにそう思い始めた。

a0158797_22500284.jpg

そして時々旅に出るようになった。でも、私の旅は、自分の関心や好奇心に任せるものだった。それは、普段接することができないとても奇妙な自然のきれいで残酷な姿であったり、美術館で絵画を鑑賞するためのものだったり、とてつもない被害をうけた東北地方の街を自分の目で確かめるためであったり、札幌では決して感じることのできないパワーが密集した日本の首都であったり、いわゆる「観光」を目的としたものは数少ない「旅」に出るようになった。

旅に出るということは、自分にとって非日常の中に一人身を置くことであり、旅でなければ不可能な空間で自分を見つめ直すことであり、函館の日常生活ではありえない刺激を受けることだった。
旅の一シーンとしてホテルは重要だ。毎週毎月のようにどこかに旅行しているのなら別だが、1年に何度しかない旅をする時は、予算が許せる範囲でできるだけくつろげる広めの部屋をチャージする。もちろん部屋のデザインや空間なども大事だ。極端に言えば、夕方から外出しなくても決して惜しいとは思わなくなるような部屋が理想だ。(そうはいっても、もちろん出かけてしまうのだが、笑)

a0158797_23102840.jpg

旅人になりたい。旅に限らず、ずっと思っていると、それをかなえられるチャンスは必ずやってくるものだ。
さて、前回もお知らせしたように、ここ5年毎年訪れている奥入瀬に来週行ってまいります。
同じ場所に6年も連続で行くなんてなぜ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それが旅だと私は考えています。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22542327.jpg

これらの写真はわずか2秒の間に撮れた3枚です。

a0158797_22560820.jpg


a0158797_22554148.jpg

2秒間では背景は全く変わるわけではないのですが、なぜかカモメが・・・・。

最初の写真では1羽しか映っていないのに、2枚目は2羽になり、そして3枚目には2枚目に初登場したカモメだけが・・・・・。

被写体を消すなどの加工はしていません。
たった2秒です。不思議でたまりません。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_08573248.jpg

a0158797_08580276.jpg

a0158797_08583767.jpg

a0158797_08591791.jpg

a0158797_08594983.jpg

a0158797_09001555.jpg

a0158797_09004760.jpg

コンデジのライカですが、モノクロの奥行きの深さの描写は他社の一眼レフよりも優れているといつも思っています。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_23420327.jpg

a0158797_23423880.jpg

a0158797_23430505.jpg

a0158797_23432744.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22240831.jpg

今年はこんなSAKURA風景を撮る時間はなさそうです。

a0158797_22253339.jpg

a0158797_22255682.jpg

怒涛の連続出勤が待っているからです(笑)

a0158797_22265744.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22515920.jpg

本当にこういう色の光が装飾してくれる日が、たまにはあるのです。
私は、入舟漁港から穴澗までの夕景は函館の中で最も美しいと思っています、はい。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村

a0158797_22372807.jpg

a0158797_22375699.jpg

a0158797_22382569.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 人気ブログランキング     日本ブログ村