タグ:思いつき ( 566 ) タグの人気記事

a0158797_21482496.jpg

以前も同じようなことを書いたかもしれませんが、ここ1年以上自ら進んで飲みに行くことがめっきり減りました。誰かと約束したからとか参加すべき飲み会があるからという以外にはほとんど飲みに行かなくなってしまったのです。

気力体力の負のスパイラルとも言えるかもしれませんが、とにかく家に帰って休みたいという気持ちが強くしまっているのです。真直ぐ家に帰りおとなしくしているのは、一見とても真面目だと思われるかもしれませんが、決してそうではないのです。還暦になってからこんなことを言うのも何ですが、やはり遊びは心身両方を活性化させてくれるものです。

という弱音を吐くためにこの記事を書いたわけではないのですが、これではまずいと、睡眠と休養をしっかりとり、やっと前向きに活動ができそうになった時、あの地震と停電が起きました。その時のストレスは先月書きましたが、その後疲れが取れないうち、仕事の休日が不規則になり(これは以前から決まっていたことですが)、まずは真直ぐ家に帰り体を休めようという元の生活に戻ってしまいました。

つくづく今年は立ち止まらなければならないことや引き摺ってしまうことが多く、だからと言って無駄にもがいても仕方ないので、じっと次にパワフルに動ける時期がくることを待っています。私には仕事以外にやらなければならないと勝手に自分で考えていることがあります。それをやるのは自分の努力次第だろうと人はおっしゃるでしょう。全くその通りです。しかし、やるからにはちゃんと遊びたい(?)活動したいというカッコつけた気持ちがあるから、動き回るのを自粛している次第です。

ともかく、60歳になった人間が言うのですから間違いありません(笑)遊びは人の活動の活発化を誘導します。それが仕事やその他のことに遠回りに好影響を与えます。ですから、できるのなら、(破滅しない程度に)夜遊びはしましょう(笑)もしそれができる状況でなければ、じっし耐え忍びましょう。
今のままでいいと言う人には余計な話かもしれませんが、まだ何かをやって行きたいという人は適度に節度を持って夜遊びすることをお勧めいたします。

自分も体力の修正をはかりながら、今日も少し早めに眠ることにします。
もし、知人でこのブログを読んだ方がいらっしゃったら誘ってください(笑)体調が許せば行きますよ!!




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22134898.jpg

誰にでも・・・恐らくどんなに環境的に恵まれていると思われている人にでも、必ず苦しい時がやって来る。どんな苦しさなのか、身体的なことなのか、経済的なことなのか、精神的なことなのか、社会的なことなのか、それは人によって違うでしょうし、時期によっても違うでしょうが、必ず来るという意味ではたぶん人々に平等に与えられていると私は考えています。

そんなことはない、いつも自分は苦しいばかりで楽しいことなんてひとつもないとおっしゃる方もいるかもしれません。それはその人にとっては事実でしょう。「苦しさ」に客観性があるわけではないのですから。でも、ひょっとしたらその人は目の前に楽しいことがあったとしても、それを楽しもうとはしていない人かもしれません。「くだらない」とか「どうせ自分は」などと無意識のうちに自分を不自由にして、楽しむことができないのかもしれません。
でも、そういう人には、「何もしないことによって自分を変える必要がない」という楽なことができているのです。今手が届かないものを手にするためには、自分の何かを変えなくてはいけません。そういう冒険をしないことによって、たとえ苦しくてもそういう自分をどこかで肯定しようとしているのではないでしょうか?それでは、自分に言い聞かせた「苦しいことばかりだ」という自分からの脱皮はできないでしょう。

さて、そんなわけでもない人にでも苦しい時は必ず訪れてまいります。それは平等にやって来ます。
そんな時、ある程度人生を生きて来た人間の一人である私は、苦しい時は楽しいことを考えるようにします。そして、苦しい時は、やがてきっと来るであろう楽しい時のことを思いながらじっと耐え、できることからひとつひとつ地味に何かをやって行きます。

するとある時、「楽しいこと」は突然目の前に現れて来てくれます。まるでご褒美のように、

小さなたとえで話しますと、普段歩いている街の道端に今まで見たことのない花が咲いていた。
それを全く気が付かないか、気が付いたとしても「こんなもの一円の金にもならないや」と思うか、「あっ、今日は珍しいものを見ることができた。きっとこれからいいことがあるかもしれない」と考えることができるか。

苦しい時には、いずれ必ず来るであろう楽しいことをイメージして、その時出来ることををコツコツとやって行くしかありれません。でも、その先にはきっと楽しいことが手を拡げてあなたを抱きすくむでしょう。そういうものだと信じて生きています。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23193680.jpg

あまり仕事のことについて話をしない私ではありますが、まぁどうでもいい話なので少しだけお話ししますと、私のディスクには電話がありません。
それは決して会社がケチっているわけではないのだろう(たぶんそうだろうと信じている)と思うのですが、今年社内の電話機の一斉リニューアルと同時に配線のリニューアルをした際、私の席には電話が無くなっていたのでした。

私が推測する理由について話をするとかなり遡って話を始めなければならなくなるため、要点だけをお話ししますけど、大きな理由に私は会社にかかってくる電話に出ないからであります。出ない奴の前に電話を置いても仕方ないだろうとの判断からでしょうが、それはそれで「まぁ、どっちでもいいかな」という感想を持っております。
そもそもなぜ電話に出ないようになったのか、私なりに理由があります。
それは、自分がどこかの会社に電話をかけた時、女性が出るのとオヤジが出るのとでは、その会社のイメージが大きく異なって来ると感じているからです。もちろん男性でもその人の雰囲気等によっても違うでしょうが、一般的にはむさくるしいオヤジが電話に出ると「この会社怖いかもしれない」というイメージを持ってしまいがちであります。一般的には会社の声の窓口である電話にはかなり高い確率で女性が出た方がイメージはいいはずです。

ですから私は、今の会社に女性の割合が多いことをいいことに、なるべく自分ではなく誰でもいいから女性が電話に出てくれと、自ら出ないようにしてまいりました。その結果が現在の状況になったわけであります。
しかし、ちょうどいい具合に、ガラケーからスマホに替えた際、かけホーダイプランにしたため、特別な支障もなく業務を遂行できおります。ですが、ちょっとショックだったのは、電話のリニューアルで、自分の席に電話が無いのは、私以外は短時間のパートさんともうひとりあまり電話を使わない人の三人だけだったことです(笑)

まぁ、このブログをずっと読まれている方はある程度納得できるかと思いますが、自分の考えを貫くと電話が無くなる、といういかにも私らしい状況が拓けて参るのです。それで腐ったり文句を言いたくなったりしない自分は、まだ我道を行けそうな気がしています。

ポジティヴ・ポジティブ・・・(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22334390.jpg

昨日、無事に還暦を迎えることができました。
よく言われていることですが、誕生日がきたからと言っても、突然何かが大きく変わるということでもなく、日常生活上は何の変化はないわけなのですが(お祝いのメッセージやプレゼントは別ですが)、ただ区切りとして、よく60年間も入院もせず、体にメスを入れることもなく、生きて来れたことを幸福であったと改めて思うばかりです。
臆病な私は、体にメスを入れるのはとても怖く、出来るなら死ぬまでそのままの体で死にたいと思っているくらいです。

でもこの先はわかりません。
きちんとした根拠があるわけではありませんが、色々な活動ができるのは70歳までが一応の目安と想定しています。もちろん大きな病気がなければそれからも生きて行くことができるでしょうが、活動的に何かをやって行くというのは、私にはあと10年しかないのです。

60年間まともなことを何一つできていない自分が、残り10年で何ができるかなんて、とても怪しいものですが、だからと言って何もしないで後悔するよりは何かをやった方がいいに決まっています。このブログもあと何年続けるのかわかりませんが、今のところ続けれるだけ続けようと考えています。さすがに20年もずっとブログを続けていたら、それはそれで多少褒められてもいいものでしょう(笑)

不思議なもので、年齢と共に行動範囲が広がっているのに自分でも驚いています。そして、世界もずっと前よりももっと身近に感じれるようになりました。

あと10年、いったい自分に何ができるか、それとも何もできないのか、もう、考えている暇はないので、とにかく思い付いたら行動に移すしかありません。
めでたい還暦の日と共に、オフタイマーは作動を始めたのです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22441473.jpg

この歳になって気付いたことがある。

それは、午後6時台に食事をすることがとても健康的であること。

そして、たっぷり睡眠時間をとること。

そして歩くこと。

そういうことをしていた時代に戻りたいという、わがままな還暦間近の男のないものねだりであります。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_01515819.jpg

本日、クラウドファンディングである「readyfor」の公開ページ用のプロフィール写真をプロのカメラマンに撮っていただきました。

a0158797_01534682.jpg

a0158797_01545788.jpg

場所は緑の島と西埠頭あたりで、先方が撮影しているところを、こちらも撮影したのですが、

a0158797_01562702.jpg

a0158797_01570388.jpg

a0158797_01573652.jpg

修正のしようがない被写体の私をどう少しでもまともに仕上げてくれるか、楽しみです。

なお、クラウドファンディングの公開もだんだん迫ってまいりました。
そろそろ本気モードで公開へ―ジ作成をしなければなれません。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22074652.jpg

時々お話ししていた写真集のプロジェクトは少し時間がかかりながらも進んでいます。
現在、Readyforというクラウドファンディングと手続きを進めており、たぶん7月中旬にはその詳細をお知らせできるのではないかと思っています。

函館が好きな方、特に、少し嫌いだけれどやっぱり函館が好きだという方には是非ご覧になっていただきたいものになるのではないかと考えております。
クラウドファンディング、購入型のプロジェクト資金調達方式をとります。資金提供をしていただくと、リターンとして写真集をお届けするのですが、その他にも、とても素敵なものを現在ご用意するべく関係者と協議中であります。

函館圏内にお住みの方も、市外にお住みの方にも、関心を持っていただけるものではないかと思っています。

最近は、そのための写真の整理などなど作業を地味に進めています。
発表した時は、このブログ他で大宣伝いたしますので(宣伝というよりお願いになると思います。目標額に達しないと1円も受け取れないものですから・・・)、何卒よろしくお願いいたします。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23263365.jpg

時々人との会話の中で、「あなたのこと皆、〇〇だと言ってるよ」という言葉を話す人がいます。
この〇〇が、例えば「皆いい人だって言ってるよ」であるのならいいのですが(誰でも変な下心を感じない褒め言葉なら気分が悪くはない)、その人を批判・非難する意味で使う時、ふと、その人が言っている「皆」とは誰のことなのだろうと考えてしまいます。

その人とお付き合いのある人たちの中での「皆」なのか、それとも、本当はそれほどの数はいないのだけれど自分の考えだとは言いたくないから「皆」という言葉に替えて言ってしまったのか、それとも本当に「皆」なのか?

私はこの疑問を持つようになってから、なるべく「皆」という言葉は使わないように心がけています。それでも滑って話してしまった時、内心「しまった!」と悔やんでしまいます。なぜなら、私の知人の数なんてたかが知れているし、世の中全体のごくごく少数でしかないのですから、それを忘れてまるで正義の代表かのように話すということは、同時に自分の世界がとても小さいということの裏返しになるからです。
仮に知人が1000人いたとしても、函館26万人のうちのたった1000人であるし、北海道530万人のうちのたった1000人であるし、日本1億2650万人のうちのほんのわずかな1000人であるし、世界76億人のうちの1000人なんて0にも等しいくらいの小さな数であります。

それでどうして「皆」と言えるのでしょうか?

そんな風に自分をかばうために「皆」という言葉を使うなら、「自分はあなたのことをこう思う」と堂々と言った方がずっと潔く思うのであります。自分の意見・考え方としてあなたのことをこう思う。もしそれによって相手に不快に思ったとしても、責任は自分だけにありますからね。たまたま何人かと同じ考えを持ったとしても、少人数の考えを「皆」の考えだというのは、自分のキャパシティの狭さをアピールしているにすぎないと思います。

ただし、「周りの皆、あなたとことを心配しているよ」とか、特定のグループ内(会社の部署などもそうですが)での「皆」は本当に皆なのかもしれません。
ともかく、本当に言葉の使い方は気を付けなければなりませんね。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23243855.jpg

月が明けた今日、6月1日は通信系でおかしなことがたくさん起きた。
まず日中会社のPCから、仕事上のメールを取引先に送ったらエラーで送信できなかった。これは、別の社員の助言でアカウント系の設定を少し変えただけで送信可能となったが、メールでおかしなことは自宅のPCでも起こった。
現在私はWindowsLiveメールを使用しており、2つのメールアドレスをそれに振り当てている。その内一つの送信だけが何日か前から送信エラーになっていたため、いろいろ設定変更等をしていたら、ソフトそのものががらりと変わり、過去に残しておいたメールが全て消えた・・・・・・・。

あわてて色々調べてみると、以前のメールはアーカイブ化されたようで、別のフォルダに移動させられていたのだった。
それに気付くまでは軽い絶望感の中にいた。とても困ることがたくさんあるからだ。バックアップしておけば良かったなどとも反省していた。
しかし、ともかくそれは何とかなった。

だが、今日の変なことの最たることは、スマホに「6785594671」という番号から着信があったのだった。たまたま話し中だったので応答はできなかったのだが、この番号、ネットで調べてみるとアメリカのアトランタからの電話のようだ。国際的な迷惑メール?

きっと、私が知らないだけで、世界の通信網の一部が大きく変わったのだろう。
それでなければ説明ができない本日のデータ通信事情であった。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00482844.jpg

そうだ、元気ですと言おう。






いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村